御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

中共の軍拡止まらず 

 日本からのODA等を貪り続ける中国共産党の支那(中国)が、軍備拡張を加速しているようです。

 時事通信 中国の軍事費、初めて日本抜く=世界4位、アジアで最大に

スウェーデンのストックホルム国際平和研究所(SIPRI)は11日、2007年版年鑑を発表、軍備拡張を続ける中国の06年の軍事費が前年の為替レートで推定495億ドル(約6兆円)に達し、初めて日本を抜いたことを明らかにした。支出額はアジア最大で、世界では第4位。


 みなさん誰もが知っているとおり、日本には支那を侵略する意図などカケラも微塵も有りません。
 頼まれたとしても願い下げです。
 近づきたくもありません!

 そのことは、多数の工作員日本に送り込んでいる中国共産党も解りすぎていることでしょう。

 その他の隣国であるロシア・朝鮮・モンゴル・台湾も、中国共産党がちょっかい出さない限り、先に仕掛けることはないですよね。

 つまり中国共産党の人民解放軍が、台湾・朝鮮・日本・モンゴル・ロシアのいずれかに侵略を仕掛ける可能性が極めて高いと言えるのではないでしょうか。

 恐らくは、北京オリンピック上海万博が成功したら、人民解放軍の進撃が始まるのでしょう。

 直接日本に来る可能性が高いとは言えませんが、多大な悪影響を受けることは間違い有りませんから、北京オリンピック上海万博に参加するということは、間接的に関与することになります。

 自分で自分の首を絞めることになるのです。

 国際平和に反する「北京オリンピックと上海万博」の開催に反対の方は
 クリック御願いします! 
スポンサーサイト
2007/06/11 23:00|中共TB:0CM:6

恐るべし支那 

 およそ日本ではあり得ないことが、中国共産党が独裁する支那では日常茶飯事のようです。
YOMIURI 回収紙をナプキンに、ようじ再使用も…中国紙報道

 【北京=佐伯聡士】食品の安全性に対する信頼が揺らいでいる中国で、レストランの紙ナプキン、つまようじなどに潜む様々な病原菌が健康を脅かしていることが分かった。

 中国の有力紙「南方週末」が、中国調理協会が2006年に行った調査結果などをもとに伝えた。

 同紙によると、規定では、紙ナプキンにはいかなる回収紙も使ってはならないが、実際には、低品質のナプキンに回収したゴミを漂白したものが流用されていた。製紙工場に10年勤めた男性は、「原料の中には、使用済みの生理用ナプキン病院が廃棄したガーゼもある」と証言。恐ろしいのは色つきの紙ナプキンで、漂白剤すら使わず、ゴミを着色してごまかしただけのものがあり、大腸菌や結核菌、肝炎ウイルスなどが検出されたという

 低価格のつまようじも、状況は同じ。海南省海口市で昨年、広東省から購入した大量の「回収ようじ」が見つかった。レストランやゴミ捨て場から回収したようじを水につけてよごれを落とし、包装し直しただけで、この種のようじからは大腸菌や結核菌以外にエイズウイルスまで検出されたという。これらの紙ナプキン、ようじが輸出されていたかどうかは不明。また、使い捨てのプラスチックのはしやスプーンなどの食器を、不十分な消毒を施しただけで繰り返し使うレストランもあるという。
(2007年6月10日3時3分 読売新聞)


 中共が支配する支那の悪行を報道できる読売人民網(朝日新聞)とは違って、かなり正気なようです。

 が、しかし。

 来年オリンピックを開催しようとしている支那(中国)の実態が露呈しました。

 日本選手団はもとより、観戦に行く日本人にも多大な影響(感染)があるわけですから、その人達が帰国すれば私達も様々な感染症に感染する可能性が大きいです。

 冷戦時代のモスクワオリンピックは、米国の主導によりボイコット側に参加しましたが、
北京オリンピック」という中国共産党が主催するプロパガンダが無くなれば、その危険性もなくなるのですから、「環境汚染や健康面」による視点(を理由にして)から、日本選手団や観戦者を守るために、日本から不参加を表明するべきです。

 想いが届かずたとえ開催されようとも、新疆ウイグル(東トルキスタン)
・内モンゴル・チベットetcの人権を無視した中国共産党が主催する「北京オリンピック」は、私は観ません!

 北京オリンピック開催に反対の方は
 クリック御願いします! 
2007/06/11 01:42|中共TB:1CM:5

朝日新聞は中共の機関誌? 

 朝日新聞は、日本に存在している新聞社です。
 中国共産党の人民網との違いは、「日本国内に存在する」という事くらいでしょうか?

 akahi 李登輝氏 派手な言動 陰る影響力 中国は抑制的対応

 台湾の李登輝前総統(84)は9日、11日間の訪日を終えた。過去2回の訪日ではできなかった講演や記者会見を実現し、靖国神社にも参拝するなど、これまでにない派手な言動を見せたが、日中両政府を巻き込む騒ぎにはならなかった。日中関係の改善に加え、李氏の影響力が低下していることも背景にあるようだ。

 李氏は9日夜、台湾桃園国際空港に到着し、「大成功だった」と訪日を総括した。李氏の日本滞在中、中国政府は「台湾独立分子とその勢力に政治的な舞台を提供してはならない」などと日本政府を牽制(けんせい)したものの、靖国参拝には反応しなかった。8日の日中首脳会談でも訪日への直接的な批判は避けた。中国の抑制的な対応は、訪日前に「いま中国は日本とけんかしたくない」と述べていた李氏の読み通りだったと言える。

 ただ、別の見方もある。台湾の最大野党・国民党の立法委員(国会議員)は「李氏は過去の人で、もはや中台問題に影響がないことを示した」と話す。李氏は今年2月に台湾独立否定とも取れる発言をし、支持基盤の独立勢力の間でも人気の陰りが指摘された。

 事前に李氏の講演草稿を入手するなどして中国の出方を探った日本政府も、「日中関係が改善傾向にあること、騒げば騒ぐほど李氏を利することなどを、中国は考慮したのだろう」(外交筋)と胸をなでおろした


靖国神社にも参拝するなど、これまでにない派手な言動を見せたが

 中国共産党と朝日新聞には派手に見えるのでしょうが、日本人から見れば普通の行為です。

 妄想じみた希望的観測なのでしょうが、

>、李氏の影響力が低下していることも背景にあるようだ。

 これは、負け惜しみですか?

李氏の日本滞在中中国政府は「台湾独立分子とその勢力に政治的な舞台を提供してはならない」などと日本政府を牽制

 中共や朝日新聞は、「台湾独立」という表現を使用しますが、日本と同じように元々別の国なのだから、独立しようがないでしょう?

>事前に李氏の講演草稿を入手するなどして中国の出方を探った日本政府も、「日中関係が改善傾向にあること、騒げば騒ぐほど李氏を利することなどを、中国は考慮したのだろう」(外交筋)と胸をなでおろした

 安倍さんヘタレ過ぎ。正直言ってがっかりです。

 「日本中共関係改善」など、「日本に居住しているプロ市民地球市民」は別として、日本国民は望んでいませんよ。

>これまで李氏は訪日や訪米を積極的に仕掛けてきた。日中、米中間に摩擦を作りだし、台湾や自身への国際的な注目を集めるという戦略だ。今回は結果的に様変わりした形だが、台湾内ではむしろそれが功を奏し、メディアも連日好意的に報道した

 台湾メディアが好意的に報道するのは当たり前です。
 これを摩擦と捉えるのは、中国共産党と人民網・朝日新聞くらいではありませんか?

 朝日新聞は中共の機関誌か?と思う方は
 クリック御願いします! 
2007/06/10 02:26|中共TB:1CM:4

中共の温家宝来日 

 妙な雨が降り出したと思ったら、中共が来日したようですね。
 今度は何を企んでいるのでしょうか?

 yomiuri 日中首相が今夕会談、共同文書発表へ

 中国の温家宝首相は11日夕、ソウルから羽田空港に到着し、安倍首相と会談する。

 中国首脳の来日は、1998年11月の江沢民国家主席(当時)、2000年10月の朱鎔基首相(同)に次ぐもので、6年半ぶり。

 首脳会談では、環境やエネルギー分野での協力を確認し、それぞれ共同文書を発表する。安倍首相は、今秋以降の年内に訪中する意向を伝える見通しだ。北朝鮮問題や歴史認識などを含む、両国関係全体の共同文書については両国間でぎりぎりの調整が続いている。

 首相は13日まで日本に滞在する。12日には衆院本会議場で演説するほか、主要政党の党首らとの会談や経済界との交流が予定されている。
(2007年4月11日13時5分 読売新聞)


 >、環境やエネルギー分野での協力を確認
 とは片腹痛い!
 「日本が支那の自然環境保護をしないと、地球が汚染されるぞ」と脅しに来たのか?

 だいたい歴史認識などという曖昧な表現を使うのがオカシイ。
 争点は史実か捏造かでしょうが。
 「支那人民をようやくつなぎ止めるための策である反日」という中共の認識など変わろうはずがない!

 日本に滞在している間に、様々な工作員に指示を出すのでしょうね。
 共産党社民党との打ち合わせや・・あっ、そう言えば創価学会の池田大作とも会うのでしたね。直接打ち合わせをするとは大したモノです。

 せっかく来日したのだから、政治屋や財界の亡者のおためごかしばかり聞いていないでタウンミーティング形式日本国民(地球市民じゃありません)の生の声を聞けば良かったのに。

 そうすれば、何とかして都合を付けて参加したのに残念でなりません。
 直接ガツンと言ってやりたいですね!

 >、主要政党の党首らと
 となっているから、マスコミが無視し続けている「維新政党・新風」代表とは会わないでしょう。
 しかし今度の参院選で、「維新政党・新風」の方々を国会議員とすることが出来れば政党として無視することは出来ませんよね。

 次回の来日が楽しみになってきました。

 これを読んで何かを感じた方は
 クリック御願いします!  
2007/04/11 21:11|中共TB:4CM:9

阿南惟茂は中国の大使? 

 この人は日本に住んでいるのですか?
 支那の中国共産党員なのでしょうか?

 sankei 前駐中国大使が安倍外交批判 対中姿勢に懸念

 阿南惟茂前駐中国大使は16日、日本記者クラブの会見で、安倍晋三首相が日米とインド、オーストラリアの連携を目指していることに触れ「決して賢明な外交だとは思わない」と強い懸念を示した。その理由に関して、日本が目指す国連安全保障理事会常任理事国入りに言及し「中国に反対されれば実現しない」と表明。「中国が改革開放政策に失敗し、経済が行き詰まって不安定になれば世界の脅威になる」とも指摘し、中国との友好関係の重要性を強調した。
(2007/03/17 01:36)


 台湾も含めるべきだと思いますが、日本がアメリカ・インド・オーストラリアとの関係を深めるのは至極当然の行為でしょう。

 しかしそれは、覇権国家を目指す中国共産党としては人民解放軍を更に増強しなければいけなくなるから不満なわけですね。
 そこで飼い犬の阿南惟茂前駐中国大使を派遣したのでしょうか?

 日本は国連の常任理事国入りを目指しているようですが、「国連」いう表現をしているのは日本だけで、正しい呼び名は「連合国」ですね。
 しかも、日本は敵国と定義されたまま
 常任理事国でもないのに、アメリカに次ぐ大金を拠出し続ける我が日本。
 おかしくないですか?
 常任理事国に常任理事国らしくさせるべきでしょう。

 極めつけは
 「中国が改革開放政策に失敗し、経済が行き詰まって不安定になれば世界の脅威になる

 つまり、「日本が金を出し続けなければ中共の支配が崩壊するから、借りた金を返さないぞ!と言ってこい!」と使いに出されたわけですね。

 下記は維新政党・新風の国連改革案です。

〈国連改革〉
  国連はその創設時の目的を見直して現在の存在意義を再確認し、その機能を充実させることによつて、国際紛争の調停や解決、世界共通の課題克服のための国際機関として発展させることが、我が国にとつてもより良い方向である。その施策として、安保理・常任理事国は総会において選出し、常任理事国を固定したり特別な権限を与へるべきではなく、常任理事国の定数は再検討する。そして、大国による国連利用を抑止する施策を行ふ。又、我が国の常任理事国人りは国内体制の改善(憲法改正)が前堤である。


 参院選では出馬する全員に議員となっていただきたいです。

 クリック御願いします! 
2007/03/17 15:25|中共TB:1CM:4

共同通信は体当たり”された側”? 

 中国共産党の新華社と提携している共同通信中国共産党系の報道機関だということが確定したようです。

北海道新聞 尖閣諸島抗議船が領海内に 巡視船、放水し警告

 尖閣諸島中国名・釣魚島)の領有権を主張する香港の活動家らが乗った抗議船が二十七日朝、同諸島魚釣島上陸を目指し日本の領海内に入った。海上保安庁の巡視船が放水や体当たりするなどして領海外に出るよう警告、抗議船は魚釣島沖で反転し遠ざかり始めた。
 海上保安庁は同日午前五時十五分ごろに、魚釣島の西南西約八十五キロの海上で尖閣諸島に向かっている抗議船を確認。午前八時前、尖閣諸島の沿岸約四十四キロで密入国を取り締まることができる「接続水域」に、午前九時二十一分には領海内に入った。
 午前十時すぎに魚釣島の西南西約十三キロ地点で停船、午前十時半に反転して台湾方向に向け航行を始めたという。
 抗議船は「保釣2号」と名付けられた漁船。香港の団体「保釣行動委員会」の活動家らが乗船し、水上バイクや小型ボートを積んでいるという。
 抗議船は二十二日に香港を出港。台湾の活動家と合流するために台湾近海まで航行したが荒天でエンジンが故障、修理後二十五日夜に尖閣諸島に向けて出発した。

<写真:海上保安庁の巡視船(右)に体当たりされる抗議船「保釣2号」=27日午前9時43分、尖閣諸島魚釣島沖約20キロの海上で共同通信社ヘリから


 この北海道新聞も知る人ぞ知る反日左翼新聞ですね。
 「体当たり」という表現や写真を使って中国共産党の活動家が被害者であるかのように世論誘導しているようですが、残念でしたね。

 もう日本国民はその手には乗りません!

 日本固有の領土に対して、「中国名・釣魚島」という表記をする目的は何ですか?

 「香港の団体」という表現もおかしくないですか?よその国の報道機関は「福岡の団体」とか「島根の団体」という表現をするのでしょうか?中国の団体ですよね!

 更に「台湾の活動家」と書いていますが、この人達は「台湾に住んでいる外省人」つまり、伝統的台湾人ではなく蒋介石と共に移り住んだ漢民族ですよ。

 極めつけは「体当たりされる」という表現です。
 共同通信はどこの国籍なのでしょうね?

 これを読んで何かを感じた方は
クリック御願いします! 
2006/10/29 01:12|中共TB:2CM:3

仮面の下の中国共産党 

 産経新聞しかこの問題(中国共産党の蛮行)を扱っていないのは何故でしょうか?

 sankei 中国の人権蹂躙映像が世界へ 亡命少年僧ら射殺

 【北京=福島香織】9月末に中国チベット自治区とネパールの国境近くで亡命を試みたチベット尼僧(25)や少年僧(15)らが、中国の国境警備隊の銃撃を受け少なくとも2人が死亡した事件の映像が世界中で放映され、国際社会を騒然とさせている。

 北京五輪を控え、「和諧(わかい)(調和のとれた)社会」構築という胡錦濤政権が提唱する“理想”の陰で行われている中国の人権蹂躙(じゅうりん)に国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)も調査を開始、米国などが非難の声を上げ始めている。

 映像はルーマニアの登山家、セルゲイ氏が偶然撮影したものをルーマニア民放局が14日に放映。その後、日本を含む各国でも放映され、米国の動画投稿サイト「ユーチューブ」などインターネットの映像配信で世界中を駆け巡っている。

 現場はエベレストに近いチョオーユー峰のベースキャンプから見渡せる氷河。映像は9月30日早朝、氷河の上を1列に並んでネパール国境のナンパラ峠に向かって歩いている約30人の行列を見下ろすように撮影されている。警告発砲音が響いた後、次の発砲音で先頭の尼僧が倒れた。カメラは銃を構える中国兵士の姿、続く発砲で行列の最後尾の少年僧が倒れる様子、倒れた人を抱き上げる兵士の姿をとらえ、目撃した登山家の「犬のように撃ち殺された」というコメントが流れる。

 セルゲイ氏がテレビのインタビューに答えたところによると、一行はチベット仏教徒でダライ・ラマ14世に会うために亡命を敢行した。セルゲイ氏は兵士の襲撃を逃れた亡命者を助け、食料や衣類を分け与えたという。

 この事件について12日に中国当局は、兵士が違法越境者に対し引き返すように説得したものの、「(抵抗したため)発砲した。正当防衛だ」との公式見解を発表。1人が死亡、2人が負傷したとしている。

 しかし、映像が公開されたことで、亡命者の約半分が6~10歳の子供で、無防備な状態を背後から銃撃されたことが判明。チベットの難民組織など複数の人権団体の情報を総合すると、亡命者は全部で73人で、ネパールにたどりついたのは43人。そのほかは子供を中心に相当数が当局に拘束されているという。
(10/22 02:18)


 日本のマスコミが流す映像”だけ”を見ていると支那も日本と同じ普通の国のように見えますが、
 これが現在の支那を支配している中国共産党王朝の真の姿です。
 中国共産党の公式発表ほどあてにならないモノはない!と言っても過言ではないのですが、中国共産党の公式発表を宣伝するための機関誌が「人民日報」であり、日本で例えるならば日本共産党の機関誌である「しんぶん赤旗」のようなモノです。

 そしてその「人民日報」と主従関係にあるのが「しんぶん朝日」朝日新聞」なのですね。
 このページ(asahi.com国際)の一番下を見れば、人民日報との繋がりが確認できます。

 常日頃は日本政府に対して「人権・ジンケン」という呪文を唱える朝日新聞ですが、中国共産党による重大な人権侵害には目をつぶります。
 はたしてこれを、公平な日本の報道機関と認めてよいのでしょうか?
 私は朝日新聞の記事が信用できません。

 これを読んで何かを感じた方は
クリック御願いします! 
2006/10/22 10:05|中共TB:2CM:9

中共にも制裁すべきでは? 

sankei 在米華僑活動家ら、25日にも尖閣上陸めざす

 【ワシントン=山本秀也】在米の関係筋によると、尖閣諸島(沖縄県石垣市)に対する中国の領有権を叫ぶ在米華僑が、19日夜(日本時間20日午後)、抗議活動のため台湾へ向かう。台湾の外省(中国大陸籍)系活動家らのチャーターした漁船で24日ごろ台湾を出発し、香港の抗議船とともに25日にも尖閣海域に入り、島への上陸も試みる構えだ。

 米国から参加するのは、ニューヨークで活動する保釣(尖閣防衛)連合会のメンバーら4人。台湾で地元の活動家約100人と十数隻の船団を組み、沖合いで合流する香港・保釣行動委員会のメンバー約40人を乗せた抗議船「保釣2号」とともに尖閣海域に押しかけるとしている。最終的な行動予定は台湾到着後に固める。

 在米華僑で作る保釣連合会は、香港などの活動家が尖閣周辺の日本領海への突入騒ぎを起こした過去の抗議活動で、資金やメンバー派遣などで支援していた。

 香港を拠点とする保釣行動委員会は当初、8月中旬に尖閣諸島の周辺海域に船で押しかける行動を計画していた。同諸島へは、1996年10月に台湾の活動家らが、2004年3月に中国人活動家がそれぞれ上陸している。
(10/20 08:39)



 産経さん、なぜ「在米華僑活動家」ではなく「米活動家」なの?

 これらは確か、中国共産党を母体とする組織だったと思うのですが、北朝鮮の核実験で日本がゴタゴタしているこの時期を狙って、どのような思惑があるのでしょうか?

 日本やアメリカの北朝鮮への制裁は効果的ではあるのですが、最終的には1党独裁の中国共産党が、今後も1党独裁の中国共産党を存続させるために北朝鮮をどうするかにかかっています。

 日本に協力せずに、裏で北朝鮮への支援を続けるようであれば、ODA等の支援を即刻廃止するべきではないでしょうか。
 赤字財政だから「官から民へ」、「小さな政府へ」と言いながら、反日組織(中国共産党)へ多額の資金供与はおかしいでしょう!

 日本政府が何も出来ないのであれば、私はせめてもの抵抗として、中国共産党が何らかの形で関与している中国製品は極力購入しません。

 これを読んで何かを感じた方は
クリック御願いします! 
2006/10/20 22:44|中共TB:0CM:4

中共に媚びる古賀誠と創価学会 

 日経新聞が「富田メモ」を使って捏造報道(極右評論さん参照)したのに呼応して、
金に魂を奪われた北城同友会代表幹事が、首相の靖国参拝自粛求めたのを見ても解るように、
 今回の日経新聞による「富田メモ」を使った捏造報道は、支那にどっぷり浸かって抜け出せなくなった財界が、中国共産党の圧力に屈してのことだと思います。

 一部の報道では福田康夫氏は、「現政権と異なる意見を表明することで国論を二分した印象を与えるのは国益にはそぐわない」と判断して出馬しないことにした。
 とありましたが、それがもしも本当であれば政治家と呼んでも差し支えないでしょう。もしもこのまま政界から去っていくならばです。

 しかし、飼い慣らした中国共産党がそれを許すでしょうか?

 今回の「富田メモ」は単なる第一弾でしょう。
 8/15終戦記念日前後にもう一つ、総裁選前にもう一つくらいは何か仕掛けてくると思います。そこで再び福田待望論でしょうか?

 中国共産党が今までどおり、支那の一党独裁を続けるためには「北朝鮮を崩壊させない」「2008年北京オリンピックの成功」「2010年上海万博の成功」が不可欠でしょう。

 しかし、ライブドア以上の扮飾決算を続けていますから、日本から金を巻き上げなくては成功することは難しく、崩壊しかねないわけですね。
 ですから、中国共産党の存亡を賭けて仕掛けてくると思います。

 この時期に、邪教創価学会も何か企んでいるようです。
 人民網 池田大作氏、学習塾・北京巨人学校の名誉顧問に
 創価学会青年部代表団、南京大虐殺記念館を訪問

 そして、遺族会会長であるはずの古賀誠も、中国共産党が政治的理由により創りだした「南京大虐殺という物語」の犠牲者に献花しています。
 古賀誠氏ら日本の議員、南京大虐殺記念館を訪問
 日本男児の端くれならば恥を知れ!!

 初めて読む人には解りにくいかも知れませんが、私は自民党支持で麻生総理大臣待望論者です。

 古賀誠は遺族会会長を辞任すべき!と思う方は
クリック御願いします! 
2006/07/27 14:10|中共TB:0CM:11

朝日新聞は支那人が記者? 

asahi 靖国参拝中止念頭か 中国主席、訪日の意向示唆
 フー・チンタオって初めて聞いたのですが、コキントウの事ですか?

2006年06月10日22時21分
 中国の胡錦涛(フー・チンタオ)・国家主席は10日午後、北京の人民大会堂で大使着任に伴う信任状を手渡すために訪れた宮本雄二・中国大使と会見し、「条件が整い、適当な機会に貴国を訪問することを願っている」と述べた。胡主席をはじめ、中国共産党・政府関係者は3月末以降、日本に対して、小泉首相の靖国神社参拝のとりやめを条件に、首脳の相互訪問を再開したい意向を繰り返し表明しており、今回の発言も、その一環。胡主席は同日、5カ国の新しく着任した大使と会った。


 日本の首相が、我々日本人のために戦った方々(英霊)に感謝して参拝するのは当然のことです。

 左巻き(左翼)朝日新聞は、常々首相の靖国参拝を批判しながら、胡錦涛(コキントウ)の後ろの(フー・チンタオ)を支那読みにするのは何故ですか?

 大東亜戦争で亡くなった方々や、その方々を慕う「我々日本人」には配慮をしないのに、支那人の中共主席に配慮するのは何故でしょうか?

 もしかして朝日新聞の社員は、特別永住資格を与えられ、日本名を名乗ることを許された反日支那人や反日朝鮮人の「なりすまし」ばかりなのでしょうか。
 もしも日本国籍であったとしても、このような記事を書く「左巻き」は同列です。金を払って購読する価値など皆無と言えるでしょう。

 胡錦涛(コキントウ)が、支那事変において、ソ連(スターリン)の手引きによる盧溝橋(ろこうきょう)事件等をきっかけに、日本を「国共内戦」に引きずり込んだことに対する謝罪と、支那人を代表してお詫びのために、日本の英霊(朝鮮半島出身だけど、共に日本人として戦った方々も含めて)に対して靖国を参拝するならば訪日しても良いですが、それ以外ならば来る必要はない。

 日本に近づくな!

 反日朝日も中共も必要ない!と思う方は
クリック御願いします! 
2006/06/11 00:13|中共TB:0CM:7

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。