御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭は痴呆? 

 しんぶんアカヒの論調は相も変わらず強引ですね。
 タイトルと内容が違うでしょ?
 集団自決なんか命じて無いじゃない。
 これ(朝日新聞)しか読んでいなかったら、判断力が無くなって頭が悪くなりますよ。

 skahi 62年前に見た集団自決の現場 「軍曹が命じた」

 沖縄戦の戦没者ら約24万人の名を刻んだ「平和の礎(いしじ)」。糸満市摩文仁(まぶに)に立ち並ぶ碑の前で23日朝、元中学校教諭の吉川嘉勝さん(68)は妻の英子さん(68)と一緒に静かに手を合わせた。礎には米軍の艦砲射撃で亡くなった父の名がある。
 62年前、吉川さんは「集団自決」の現場にいた。
 那覇市の西約30キロにある渡嘉敷島。周囲25キロの島に米軍が上陸したのは45年3月27日のことだ。住民らは土砂降りの雨の中、島北部の通称「北山」を目指した。吉川さんと家族もその中にいた。当時6歳だった。
 「集団自決」が起きたのは翌28日。たどり着いた山中で家族や親類ごとに円陣を組んで座った。村長の短い訓示の後、「天皇陛下万歳」の叫びとともに、あちこちで手投げ弾が爆発した。

 吉川さんの家族ら約10人が輪になった中でも、義兄らが手投げ弾を石に打ち付けた。だが、爆発しない。父は「火を燃やして、投げ入れろ」と指示した。

 母が叫んだ。「手投げ弾を捨てろ」。生きられるだけ生きるべきだと必死に訴えていた、と吉川さんは振り返る。家族はその場を逃れた

 母が教えてくれた「命の重さ」を伝えるため、吉川さんは教師になった。校長を最後に教職を退き、島に戻った今は、地元の子どもや修学旅行生を相手に平和学習の案内役を務める。「自分たちの歴史を知り、戦争のない社会をつくってほしい」と語り続ける。

 その島で、沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭さん(72)は88年、かつて村の兵事主任だった故富山真順さんから、ある証言を聞いている。

 富山さんは45年3月20日、戦隊からの命令で17歳未満の少年と役場職員を役場の庭に集めた。兵器係の軍曹が住民二十数人に手投げ弾を2個ずつ配り、「敵に遭遇したら1発は敵に投げ、捕虜になる恐れのある時は残りの1発で自決せよ」と訓示した、という。
 沖縄ではいま、「集団自決」を巡る教科書検定で「日本軍による強制」が削除されたことに強い反発が起きている。安仁屋さんは言う。「富山さんの話は自決命令の存在を示す重要な証言だ


 村長も命じてはいないようですし、軍曹は住民に対して訓示など出来ませんから、アドバイスをしたのでしょう。

>。家族はその場を逃れた
 と書いてあるように、それぞれの意志で行動したわけですね。

沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭という人は、本当に「富山さんの話は自決命令の存在を示す重要な証言だ」と思っているのですかね?
 名誉教授ってその程度に人がなるものですか?

 朝日新聞沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭に呆れた方は
 クリック御願いします!

 
スポンサーサイト
2007/06/23 20:45|教科書TB:0CM:8

沖縄戦の集団自決 教科書 

 日本の歴史について、不勉強な政治屋が多すぎて困ります。

 akahi 沖縄戦の教科書検定、自民党内からも異論

 自民党の「教育再生に関する特命委員会」が12日開かれ、来春から高校で使われる教科書に関する文部科学省の検定について討議した。沖縄戦での集団自決をめぐり「日本軍に強制された」という趣旨の記述を削除するよう意見が付いたことに対して、沖縄出身の嘉数知賢仲村正治両衆院議員らから問題とする発言が出た。

 両氏は「この表現では勝手に死んだと読める」「当時の日本軍を責めるつもりはないが、歴史的事実は事実として後世に伝える必要がある」などと述べた。委員長の中山成彬元文科相も、南京大虐殺や慰安婦の記述について問題とする一方、沖縄戦の記述にもふれ、「文科省は外に弱く、内に強いのではないのか」と発言した。


 なぜ「集団自決は軍命令」という言葉が出来たかというと真相は、戦後の国民に対する補償を定めた「戦傷病者戦没者遺族等援護法」では民間人は年金や弔慰金の適用外であったため(救済対象を「軍協力者」に限定している)、軍命令により自決したとすることで「準軍属」扱いになり、遺族や負傷者に年金・弔慰金が受け取れるようにした為です。

 沖縄の方々は、まだ真相をご存じないのでしょうか?

 もしもそうであれば、極左勢力の『鉄の暴風』(沖縄タイムス)や大江健三郎の『沖縄ノート』(岩波書店)等によって広められたデマであることを調べていただきたいです。

 こちらを読めば、更に詳しく解ります。 
アジアの真実 沖縄戦の集団自決は軍命令ではなかった ~明らかになる歴史の真実~

 沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会
 という会もありました。
 もうすぐ大江健三郎を法廷の場に引っ張り出せるようですね、
頑張ってください!

 教科書にイデオロギーを持ち込んではいけません。
 後生に嘘を伝えることが恥ずかしくないのか?

 教科書から「日本軍に強制された」という趣旨の記述を削除せよ!
 と思う方は
 クリック御願いします! 
2007/06/12 21:06|教科書TB:0CM:4

日韓歴史共同研究?? 

 akahi 日韓歴史共同研究、27日再開 教科書も対象

 日韓の相互理解を深めるための歴史共同研究の第2期研究委員会が約2年ぶりに再開される。日本側座長の鳥海靖・東大名誉教授と韓国側の趙●(●は王へんに光、チョ・グヮン)・高麗大教授が27日にソウルで座長会合を開き、議題や今後の段取りを話し合う。05年に第1期の研究成果が公表された後、研究継続で合意したが、両国の教科書記述の研究が対象に加わったため、日本側の委員選定が進まなかった。

 委員は日韓それぞれ10人程度で構成され、外務省が近くメンバーを公表する。2年後をめどに報告書をまとめる方針だ。

 日韓歴史共同研究は、01年に日本の歴史教科書検定をめぐって韓国が反発したのを機に始まった。翌02年から両国の専門家による第1期研究委員会が古代、中近世、近現代の3分科会で研究。韓国側は成果を日本の教科書に反映するよう求めたが、日本側に「教科書の編集に心理的な圧力を加える」と抵抗があり採り上げられなかった。報告書も、植民地統治の評価など、双方の意見の違いを統一せず、両論併記の形で公表した。

 日韓両政府はその後、第2期研究会の立ち上げに合意。委員会の中に教科書の小委員会を設けることで折り合った。


 日本の教科書ばかりが争点となっているようだが、日本人を鬼畜扱いしている
韓国の教科書についてはどうなのだ??

 韓国が敵愾心を植え付ける洗脳教育を止めない限り、日韓の相互理解など夢物語に過ぎない。

 日本側は絶対に譲歩してはいけない! 半歩下がれば2歩進んでくるのが韓国ですから。

 教科書を改めるのは韓国だ!と思う方は
 クリック御願いします! 
2007/04/26 07:26|教科書TB:0CM:10

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。