御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

自民党では駄目なのか? 

 私は常々、白人至上主義のならず者連合国による、裁判の名を借りた陰湿な復讐である「極東国際軍事裁判(東京裁判)」の呪縛を断ち切らねば、日本人の誇りは取り戻せないと考えています。

 SANKEI 「裁判」で問題なし? サンフランシスコ講和条約の訳語

 政府は16日の閣議で、1952年のサンフランシスコ講和条約第11条にある「judgments」の訳語について、「裁判との語を当てることに何ら問題はない」との答弁書を決定した。
 しかし、答弁書は、なぜ「判決」と訳さず「裁判」としたのか、明確な根拠は示していない。質問主意書を提出した民主党の野田佳彦前国対委員長は「正面から答えようとしていない」と批判した。

 「judgments」をめぐっては、外務省が「裁判」と翻訳。このため、「日本が極東国際軍事裁判(東京裁判)の判決結果だけでなく、その理念や精神までも受け入れたかのような誤解が広まった」(政府関係者)と指摘されている。

 答弁書は「わが国は、平和条約第11条により、このjudgmentを受諾しており、仏語文の平和条約も同じ意味と解される」とした。

 しかし、英語の条文では「judgments」と複数形になっており、答弁書の表記は不自然。同条約の正本は英語、フランス語、スペイン語の3カ国語だが、国際法学者の間には「フランス語、スペイン語の条文では、『裁判』とは訳せない」との指摘もある
(06/16 18:47)


 当時の日本は、「天皇陛下の責任も追及するぞ!」という脅しに負けて「裁判」自体ではなく「判決」を受け入れざるを得なかったのです。
 私も、「判決」の受け入れについてはやむを得なかったと思います。

 首相の大罪でも書きましたが、しかしその数年後に、国会において「東京裁判で戦犯とされた人々の赦免に関する決議」を採択し、極東国際軍事裁判(東京裁判)によって有罪判決を受けたすべての方々は、日本の国内法では罪とみなさないと決定されたのです。

 今回の政府答弁書が、どういった経緯で、誰の力が強く働いたのかは解りませんが、特定アジアの影響(工作)を受けているみならず、アメリカのポチでもあり続けるのならば、自民党にも見切りを付けなければならない時が来るかも知れません。

 我々はまず「日本人の心」を取り戻さなければいけないのではなかろうか。真性保守政治家の結集を望みます。

 東京裁判は無効だ!!と思う方は
クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2006/06/16 19:45|東京裁判TB:0CM:8
コメント
あらためて
刀舟さんのところから来ました、かっぱやろうです。
自分も管理人さんの意見に賛成です。
ただ「裁判」と訳せないというのは初めて知りました。
大体「東京裁判」自体が白人の腹いせみたいなもんだと思いますんで、
負けた側としては、陛下の名前出されれば受け入れざるを得なかった、
ということですよね。

>我々はまず「日本人の心」を取り戻さなければいけないのではなかろうか

このご意見に激しく賛成です。
かっぱやろう #-|2006/06/16(金) 22:31 [ 編集 ]
「東京裁判」は
「不法だが有効」と言わざるを得ないのではないでしょうか。
少なくとも「サンフランシスコ講和条約」で受諾したのはそういう意味のことだったのではないかと。

それ以上に、山下奉文、本間雅晴両将軍を初めとした南方での報復裁判、ソ連による関東軍関係者への一方的な裁判、蒋介石政府のどさくさ紛れの裁判こそ無効だと思います。
煬帝 #AVNby.KY|2006/06/17(土) 04:34 [ 編集 ]
judgmentを辞書で引いて見ました
 確かに裁判・審判という意味が、最初に出て来ますが、キリスト教世界では、「最後の審判」とか、天罰とかいう意味の方が、強いのだそうです。
 ちなみに個人的見解という意味もあるそうですよ?
 東京裁判は、連合国の個人的見解?
鵺娘 #/9u.keZw|2006/06/17(土) 09:08 [ 編集 ]
かっぱやろうさん
賛成していただき有り難うございます。
東京裁判では、東条英機陸軍大将を筆頭に、天皇陛下(国体)を守るために必死で戦ってくれました。
自分の命で終わらせようとしたのです。

煬帝さん
有効でしょうか?
東京裁判を含めて、全ての報復裁判が無効だと思います。

鵺娘さん
前にも言ったとおり、私は英語が苦手ですから感覚的なモノですが、複数形のsが争点になりそうですね。

害務省が、最も日本に不利になる訳を使用する理由が分かりません。
百式 #-|2006/06/17(土) 11:34 [ 編集 ]
やはり判決の方では?
いろいろな(と言っても僅かなものですが)資料を見ると、sについては「全ての判決は」という意味ではないかと。「全ての判決は(当時)有効である。しかし現在に至るも裁判の不法性は払拭できていない。」という流れでしょうか。
不法性は払拭できていないが不法と確定もされていない。
言葉遊びみたいになりますが、外務省は3ヶ国語を明示して明確な根拠を示すべきではないでしょうか?
しかし、煬帝さんも言われている、特にB,C級戦犯のリンチ的裁判は殆どが不法ではないでしょうか
tono #vFsRzAws|2006/06/17(土) 14:40 [ 編集 ]
tonoさん
 私は、A級戦犯や東京裁判については結構勉強したのですが、煬帝さんが仰った「南方での報復裁判等」については勉強不足です。
 いずれは調べてみようと思います。
百式 #-|2006/06/17(土) 17:23 [ 編集 ]
11条は戦犯赦免の手続き
>政府は16日の閣議で、1952年のサンフランシスコ講和条約第11条にある「judgments」の訳語について、「裁判との語を当てることに何ら問題はない」との答弁書を決定した。

 正確には「諸判決」とすべきだったと思います。しかし、「諸判決」では、日本が刑事被告人みたいなので、「裁判」にしたと聞いたことがあります。(『voice2005年9月号』だったと思います)しかし、裏目に出ましたが。
 そもそも、サンフランシスコ平和条約11条は戦犯とされた人の赦免について書かれた条項だったので、確かに「裁判との語を当てること」は大して重要ではないでしょう。ただし、政府は「サンフランシスコ平和条約に基づいて(裁判の判事を出した国の承認と日本政府の勧告が必要だった)戦犯とされた人々を赦免した」という主張をしていくべきでしょう。

>質問主意書を提出した民主党の野田佳彦前国対委員長

 たしか、この質問主意書が出されたのは去年の10月ごろだったと思います。野田佳彦前国対委員長には期待していたのですが、永田メール問題でボツになったのは大変残念でした。名誉挽回のためにがんばってほしいと思います。
なべつね #-|2006/06/20(火) 11:05 [ 編集 ]
なべつねさん
 A級戦犯うんぬんの話しに関しては、初めの第一歩としては「国内法では戦犯はいない!」という事実を定着させなければいけないかもしれませんね。
百式 #-|2006/06/20(火) 11:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/130-3de6faae

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。