御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

創価のしわざか?! 

 私が登録している政治ランキング(人気ブログランキング)で2位だった「博士の独り言」さんが消されたようです。

 詳細は「極右評論」さんの
なぜ消えた?『博士の独り言』
追及第2弾!『消えたブログ事件』の真相を追うを読んで頂ければ解ると思います。

 さらに抜群の実行(電突)力を持っていらっしゃる「この国は少し変だ!よーめんのブログ」さんも他人のブログをかってに削除した奴は誰?!というエントリーを立てていらっしゃいます。

 「博士の独り言」さん・「極右評論」さん・「この国は少し変だ!よーめんのブログ」さんは読む度に非常に勉強になっていました。

 ところがです

 「博士の独り言」さんが、共産や社民系の左巻きと双璧をなす日本の悪と言える創価学会の闇に対するエントリーにより急上昇(もうすぐ1位?)したとたん、外部からのクラッキング行為により削除されたようなのです。

 クラッキングされる前の数日間に渡って「創価学会の闇に迫る本」の紹介をしていらしゃいました。
 記憶に残っているのは(私は記憶力が・・・)、公明党か創価学会の闇を追求しようとして変死した地方議員に関する本や、「」でググるとトップに表示する青黄赤の看板を使った有名店(確かマツモトキヨシやブックオフだったような・・)に関すること、最後に覚えているのは(もしかしたら前後するかもしれません)自民党幹事長になった中川秀直氏は「人権擁護法案推進派」であり、公明党との繋がりが深いから用心するべき。という内容だったと思います。

 既存のマスコミが決して触れることが出来なくなってしまっている「創価学会(公明党)の闇」に触れたとたんの外部介入(クラッキング)行為には、憤りを感じずにはいられません。

 これを読んで何かを感じた方は
クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2006/09/28 23:48|創価学会TB:1CM:6
コメント
こんにちは!
ブログ削除最悪ですね><
博士はご無事なようで安心しましたが・・

博士が復帰したら保守派は全力で応援しましょう^^

創価がやったのは明らかですね。

特に企業は客からのイメージを重視するでしょうし、創価への寄付金の柱ですから・・創価幹部が動いたのでは・・と思います。。


このように卑怯な事をする連中に未来がない事を祈ります。
松 #-|2006/09/29(金) 08:49 [ 編集 ]
藤原弘達?
離婚して、引越して来たアパート。住人の人は、皆、親切で良い人ばかりだった。しかし、ある宗教に、勧誘されたのを、断った途端に、昼夜を問わず、壁や扉を、叩かれる!部屋の前に、生ゴミや動物の死骸を、捨てられる!自転車の籠に入れていた買い物袋に火を付けられる!・・・嫌がらせが、始まりました!
 警察や消防に相談しても、取り合ってくれない。なぜなら、その町では、警察官や消防士も、全員、同じ宗教なのです!

私のブログからのコピペですが、分かりますね?
 これがあの宗教だと言う事が
鵺娘 #/9u.keZw|2006/09/29(金) 09:22 [ 編集 ]
やはり
フランスなどがカルトに認定するわけだ。

こんなのが日本の与党として政治を行っている。
みんなで選挙に行こう!
ソウカは、学会員が100%とは言わないが相当に高い投票率で選挙に行っています。
打ち破るのは、notソウカの有権者が高い投票率で選挙に行くしか無いですね。

周りの人間には、個々に、しっかりと宣伝しておこう。

tono #vFsRzAws|2006/09/29(金) 13:07 [ 編集 ]
熱く、冷静に
ブログ主様も、訪問者様も、中川しゅうちょくも怪しい、とする見方も多いことはご存知と思います。
今後これほどの反発をうけて、あのカルトがだまっているとは思えません。なんらかの反論、もしくは自己正当性を主張しないのならば、いよいよNが怪しくなってきます。
ただ、ストレートにSを糾弾し続け、ファビョったSがNにつっかかっていく、というのも見てみたいです。甘いか。
変言自在 #-|2006/09/30(土) 05:51 [ 編集 ]
松さん
断定は出来ませんが可能性は高いと思います。
>博士が復帰したら保守派は全力で応援しましょう^^
はい。1日1クリックですね。

鵺娘さん
>警察や消防に相談しても、取り合ってくれない。なぜなら、その町では、警察官や消防士も、全員、同じ宗教なのです!
これはとても恐ろしいことですね。
このような街が沢山増えたら、日本は壊滅してしまいます。

1つでも大変なことですが、信○町ですか?

tonoさん
与党に食い込んでいる以上は、tonoさんが仰る方法が最も現実的かつ確実な方法だと思います。

変言自在さん
騒ぎが大きくなれば困るのはあちらでしょう。
日教組レベルなら更に騒ぐかも知れませんが、中共並みに狡猾であれば何もしないでしょうね。
百式 #-|2006/09/30(土) 15:28 [ 編集 ]
一刻を争う・・・
平和を踏みにじる行為。テロリスト同様の行動のとり方です。
これでカルトであることを証明したようね。
しかも反日思想を持った組織です。
そしてこの日本に居座ります。何のために・・・

私の家内はクリスチャンですが、「ただ祈るだけです・・」
と言われました。私はまだ洗礼は受けてないので「俺は微力でも戦う。でなきゃ、ひたむきに生きてる日本人があまりにも不幸だ・・」そう言います。

そればかりか、一つの国家に対する、その全ての仏教に対する冒涜です。その一語に尽きます。
およそ信仰する団体とは程遠い組織です。

恐ろしいのは、言論、表現の分野を封じ込めていること。一般人まで「タブー」になっていることです。
世界で最も平和な、この日本で起きていることです。
ashigaru #SOoObPv6|2006/10/01(日) 20:07 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
皇室令の復活は可能か-皇室令復活は皇統危機回避の切り札 
 人間が一生を過ごす節目ごとに近縁の人々とともに行う儀式を、民俗学では「人生儀礼」「通過儀礼」というそうですが、それは世界中で古くから行われており、日本でも各地に多様な風習が今も残っています。 このような人生  
新・平成徒然草 2006/09/29(金) 22:30
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/173-536b192d

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。