御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

もっと政治を!! 

 共産党社民党民主党左派等の左翼政党や、その支援団体である日教組全教etc。
 そして、たった1つだけのカルト宗教(創価学会)のためだけに存在する公明党が、我々日本人にとって害悪であることは今までに散々書いてきたと思います。(これからも書き続けますが・・)

 なぜこのような勢力が存在できるのでしょうか?

 GHQによるWGIPという洗脳教育を発端とした、マスコミによる偏向報道や日教組狂員等による左傾化洗脳等、様々な原因はありますが、最も大きな原因は
我々日本人の大人が、政治に興味を持たず、選挙に行かない」からだと思います。

 「政治家なんてみんな一緒だよ!」
 と言う人がいたら、何がどう一緒なのか聞いてみてください。

 「選挙に行ったって、何も変わらないよ!」
 と言う人がいたら、本当はどうなって欲しいのかを聞いてみてください。

 おそらく明確な答えは返ってきませんよ。(ほんとは解ったフリをしているだけで、何も知りませんから)

 創価党(公明党)が必ず一定の力を持っているのは、学会信者が必ず投票に行くからです。公称800万人らしいですが、実際は200万人しかいないと言われています。

 我々一般的日本人の方が桁違いに多いはずです。
 地方選挙も来年の参院選挙も、選挙には必ず行きましょう!

 ここからは御願いなのですが、現在政治ランキング1位の「依存症の独り言」さんや2位の「極右評論」さんは、週間INが7万ポイント台に突入していますから、少し前よりは随分と関心が高くなっています。

 しかしです。
 総合1位は芸能ネタで50万台ですよ・・・

 芸能関係に興味を持つのが悪いとは言いませんが、もっともっと沢山の方々に政治に興味を持っていただきたいです。

 「政治ランキング」上位の方々が「総合ランキング」でもっと上位になれば、政治の重要性がもっと沢山の方々に知ってもらえると思いますから、賛同できた記事には1クリックを御願いします。

 これを読んで何かを感じた方は
クリック御願いします!

PS 復活した「博士の独り言」さんから非表示で、お人柄が滲み出るような非常に丁寧なコメントを頂き感激しました。有り難うございました。博士さんの更なる御活躍を祈念申し上げます。

応援(クリック)してくださった皆様へご連絡:
私は週末帰省しますので、しばらく新しい記事は書きません。
 
スポンサーサイト
 
2006/10/03 22:18|政治TB:3CM:16
コメント
>「我々日本人の大人が、政治に興味を持たず、
>選挙に行かない」から

  この原因は、もとをただせば、マスコミが政治家を矮小化する報道を繰り返していることに尽きるのではないでしょうか。

  政治家、と言って連想する言葉に、賄賂や裏取引が出てきてしまうのは、マスコミがドラマやドキュメンタリー、あるいはコメンテーターの(仕込みの入った)コメントに毒されている証拠です。実際は問題なく運営されている我が国の政治に対して、暗い部分をほじくり返し、問題点を作ってしまうわけです。
  政治家が努力しても、肯定的に評価されることが滅多にないことが、マスメディアの偏向性を物語っています。で、たまに出てくる政治家といえば、田中マキコ、辻元、宗男や松岡利勝。これじゃあ、政治が嫌になるのも無理はないです。
  このような報道の一番の犠牲者は小泉前首相であることは論を待ちません。既得権益層に戦いを挑めば(戦いぶりがフェアだったとは言い難いが)「パフォーマンス」と揶揄され、言質をとられぬように振る舞えば「ワンフレーズ政治」、(憲法には「主権者」と書いてある!はずの)国民に直接訴えかければ「小泉劇場」、魂の叫びだった靖国参拝後の説明は産経以外無視。イジメそのものです。今話題の滝川市教育委員会ではありませんが、「イジメという言葉が出ていないからイジメではない」とでもいうのでしょうか?
  私が政治家を信じてみようと思ったのは、人権擁護法案の国会上程を必死に阻止した城内実、古川禎久といった議員がいたからです。政治家はちゃんと仕事をしています。政治不信は政治家のせいではなく、正当な評価ができないマスコミのせいです。だってそうでしょう?メディアが必死に持ち上げている小沢民主党や共産党の、国防政策や憲法に対する姿勢を知って、政権を預けたいと思う一般人がいますか??マスメディアが意図的に避けているだけに、余計に不信感が募っちゃうんですよね。

  芸能の記事が受けるのは致し方ありません。ネットの世界でも、一般社会と同様、能力や意欲に欠ける人間が大半を占めているからです。しかし、ネットの中で言論が流通していれば、マスメディアに事実解釈を委ねる危険は回避できます。心ある人間が孤立せずには済むのです。これだけでも、10年前から見ればすごい進歩です。
  また、私が偶然見た2ちゃんねるのマルチポストの書込で人権擁護法案を知ったように、無自覚で政治に絶望している人間が、ある日突然目が醒めるということはあります。それを信じて、ねばり強く、感情論を抜きにして戦うべきです。
  朝日新聞の部数が減ったり、NHKの解約が相次いでいることからも、真の保守派が連帯している効果が出てきていると私は思います。一次ソースこそありませんが、私は自分のブログが朝日や産経の署名記事に負けているとは思いません。ブログの世界では、「誰が」ではなく「何を」が全てです。
  お互いこれからもがんばりましょう。
ろろ #-|2006/10/04(水) 02:11 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/10/04(水) 10:09 [ 編集 ]
ろろさん
 ろろさんのコメントが加わったので、非常にクオリティが高いエントリーになりましたね。
 有り難うございました。
百式 #-|2006/10/04(水) 16:22 [ 編集 ]
創価にも見習うべき点あり
そうです。選挙に行きましょう。
「選挙に行ったって、何も変わらないよ!」と言っている方の多くは日本を背負っているバリバリの現役世代。税金を最も多く負担している世代。
その人達が棄権してしまうため、100%投票の創価学会やプロ市民の票は何倍にも活き、「弱者」「人権」「平和」といった言葉を叫ぶだけで、生活保護を受けながらのうのうと暮らす妙な連中が大繁殖・・・大阪、京都。自分の納めた税金がそんな連中に食いつぶされてしまっているのです。
選挙権はしっかり行使し、こうした馬鹿げた構図を脱却しましょう。
創価は日本全体から見れば小数。しかし、必ず選挙に行くことで、あれだけ異常な半島系カルトが与党、内閣にまで入り込む勢力になっています。
まさる #-|2006/10/04(水) 20:28 [ 編集 ]
掘り起こし
皆さん仰るように、私も思っているように、選挙に行っても何も変わらないと言う人は多いです。
しかし、最近こういう人に、
「公明党知ってる?」と聞くと、当然殆ど知っています。
「どうしてあんなに沢山当選するか分かる」
「創価学会があるから」
「あったって当選しないよ。会員が選挙に行くからでしょ!」
「僅かの会員でも100%近くも投票に行けば当選させる可能性は高い」
「一般の人はその何倍も居るのに5~6割しか選挙に行かないでしょ」
「投票にも行かず、そんな団体に牛耳られて、文句だけ言うの?」
さらに、選挙に関しては、共産党も同じような物なので、これも引き合いに出します。
凄く、低レベルの話しと思いますか?
分からない人、知らない人、無関心な人含めてこんな物です。
しかし、だからわかりやすく、面白く話して興味もって貰おうと、低レベルの話しは欠かせません。
乱文でまとまっていませんが、
掘り起こす努力は続けなければいけないということを言いたかったのです。
tono #vFsRzAws|2006/10/05(木) 10:46 [ 編集 ]
私と妹との会話
これは、実際にあった、私と妹との会話です。
妹「また消費税が上がる。頭にくる。」
私「じゃあ、おまえは選挙でどこに投票した?」
妹「選挙なんか行かないよ!」
私「じゃあ、消費税に文句を言う資格は無い!」
妹「そんなこと無い、消費税は嫌だ!」
私「日本のすべてのことは政治で決まるんだ。選挙に行かない奴は消費税が10%になろうが100%になろうが一切文句は言えないんだ。それが民主主義だ!」
妹「・・・・・・・・」 
と、何年か前に会話したことを思い出しました。
そうです。選挙に行きましょう。
創価に、人権擁護法案に、外国人参政権に、ビザなし交流に「否」と意思表示しましょう。
1156 #-|2006/10/06(金) 17:37 [ 編集 ]
よく読ませて頂いてます。
ランキングの順位。私は重要視してませんでした。いや、読んでもらおうという気すら無かった。自分の備忘録のように只書くだけ。自分はネットの力を待望してるくせに、実は心の底では信じていなかったのかも知れません。
ランクにおいての芸能ネタブログとの差を縮めるのは至難の業で、戦略が必要かも知れませんね。私もできる範囲で実験してみようかと思います。
あんぽんたん #-|2006/10/08(日) 23:27 [ 編集 ]
「選挙に行こう」について
>「政治家なんてみんな一緒だよ!」
>と言う人がいたら、何がどう一緒なのか聞>いてみてください。

>「選挙に行ったって、何も変わらない
>よ!」
>と言う人がいたら、本当はどうなって欲し>いのかを聞いてみてください。
>おそらく明確な答えは返ってきませんよ。>(ほんとは解ったフリをしているだけで、>何も知りませんから)

この点は全く同意見です。
一時「選挙に行こうゼイ」の運動では確か白紙でもいいから投票所に行くことを呼びかけていましたが、これでは組織票政党がほくそ笑むだけ。
候補者個人での選別はできても、今の党派の構成では投票するのは苦渋の選択です。
二大政党時代を期待して、第2位の政党に投票してきましたが、もう我慢も限界に来ていて、投票行動を再検討するつもりですが、本格的な政界再編成が待たれるところです。


 
猛虎魂 #yRZe5TTU|2006/10/10(火) 18:26 [ 編集 ]
まさるさん
コメント有り難うございました。
そうですね、「選挙に行く」という事”だけ”は見習うべきですね。

tonoさん
低レベルだとは思いませんよ。私の周りの人達も大差有りませんから・・
興味がない人や基礎知識が全くない人に説明するのは難しいですよね。

1156さん
実際問題として、妹さんの様な方の方が多数だと思います。
原因としてはろろさんのコメントにあったように、マスコミの占める割合が大きいですよね。
TVという巨大メディアに対抗するためには、地味ではありますが1156さんのように、気づいた人から口コミで広げるのが一番確実なのでしょう。

あんぽんたんさん
ランキングの順位が上がれば沢山の方に読んでいただけます。
中共・朝鮮(韓国)・在日問題等がランキングに反応しやすいのは解っていますが、それだけでは方手落ちなのですよね。

基本的には他の方とかぶらないようにしようと思うし、文才の問題もある。難しいところです・・

猛虎魂さん
説得力(現実味)が有ったと思いますが、十年ほど前の自分(私)の台詞です(苦笑)

媚中派がいる自民党も問題ですが、社会党くずれが多い社民党は危険です。
仕方がないので、とりあえず現在私は自民党支持ですね。

>本格的な政界再編成が待たれるところです。
全く同意見です。
百式 #-|2006/10/11(水) 22:37 [ 編集 ]
批判
俺は左じゃないがあんたもただのネット右翼で大した事話してないだろ というかあんたもほんとは解ったフリをしているだけで、何も知りませんから、というのに毛が生えただけだろう
>GHQによるWGIPという洗脳教育を発端とした、
そもそもGHQが冷戦突入前で左翼教育なんかするわけないのに「マスコミによる偏向報道や日教組狂員等による左傾化洗脳等」を並べるのこそ偏向報道であり、洗脳だ

左寄りだのぬかすからにはまずお前が中立的にやれ
右寄りが正しいというわけではないんだから
名無し #QoDDW0aM|2006/10/13(金) 16:48 [ 編集 ]
名無しさん
 おもしろいから、消さずに残しておきますね。
百式 #-|2006/10/14(土) 08:19 [ 編集 ]
遅レスでもう本人は読まないでしょうが・・、本当に知らない人に為に書いときます。

名無しwrote
> GHQが冷戦突入前で左翼教育なんかするわけない

左翼の定義が古いのでしょうか。勿論GHQが共産主義をバラ撒くとは思えません。しかし日本国民が再び反アングロサクソンで一丸となる事は危険視した筈で、その為に国論分断の火種をちりばめた事は否定できないのではないでしょうか。それらが共産主義と結び付いたり、特定民族と結び付いたり、宗教と結び付いたりと独自に膨らんでいったという事です。少なくとも現在の日本では共産主義のみを指して左翼とは呼べず、左翼の対極に右翼が在るという相関図も古典的過ぎましょう。故に中立の定義も曖昧であって、何と何に対して真ん中を取るか、或いは両方否定するのか、違うベクトルに進むのか。有機的に絡み合った思想や利権や愛憎の中で何処を中立とするかで論調は大きく変わります。算数で平均を出すように真ん中を出せるならどんなに楽でしょうか。
あんぽんたん #-|2006/10/17(火) 03:25 [ 編集 ]
古いもなにも左翼というものの本来の意味は革新的、という意味だろうが憲法九条を変えるなというのが左翼と呼ばれる現代の日本では共産主義といった意味だろうし、少なくともここの筆者は共産党なのを左翼と称している以上、そちらの意味で使わせてもらった
第一、共産主義の洗脳以外にも嫌悪を示しているならこういったサイトはつくらないだろう

GHQが洗脳と言うか少なくとも検閲などによって言論の自由を奪った事は事実だが、それと共産主義を並べ立てるというのはおかしいだろう 根拠はともかくとして確かに組織票による一党の独裁政権は防ぐための投票せよと言うのは正しい、が根拠は示されていない記事が大半で、反共反創価保守とうたっている以上中立的とは言えないのは確かだろう 右翼が絶対正義でその洗脳が正しいと言うのなら別だが。

長文失礼した ちなみに筆者は中立とは思想に関係なく根拠に基づき論理的に意見を述べる事だと思っている
ななし #QoDDW0aM|2006/10/17(火) 18:59 [ 編集 ]
また遅レスになりましたが、

名無しwrote
> GHQが冷戦突入前で左翼教育なんかするわけない

から薄々感じてはいましたが、"本来の意味は"と言うところを見ると、そもそもこのエントリーを誤読しているでしょう。百式さんは、

> 共産党・社民党・民主党左派等の左翼政党や

> GHQによるWGIPという洗脳教育を「発端とした」、
> マスコミによる偏向報道や日教組狂員等による左傾化洗脳等

と書いておられ、過去の共産主義を指していません。更に現在の共産主義者だけを指してもいませんね。
WGIPも「発端」なだけですよ。
自身で決めた右翼左翼中立の定義をお持ちなのはいいですけど、名無しさんが持っている定義をこのエントリーに当て嵌めてもどうやら噛み合わないようですよ。
あんぽんたん #-|2006/10/21(土) 02:32 [ 編集 ]
参考までに
反日の民主党のF・D・ルーズベルト大統領は日本へ
18発もの原爆投下を承認していた。
http://www.asyura2.com/0406/bd37/msg/1134.html

>共和党はさらに、共産主義者が侵食している民主党の
>諸機関が蒋介石に対する援助を意図的に抑えたために
>国民党軍は崩壊してしまった、と批判した」という
>記述がある。つまり民主党の容共主義とそれを批判する
>共和党といった図式は、アメリカでは教科書にも載る
>公知の事実なのだ。

  GHQは民主党寄りのニューディーラーの巣でしたから、共産主義「的」な傾向、少なくとも容共の姿勢があったと言っても決して間違いではありません。レッドパージが始まるのは1950年、つまり中共が成立し、朝鮮戦争が始まる時期です。GHQが日本を支配し始めた当初は、冷戦もなく、むしろソ連と民主党政権アメリカは昵懇の仲
であり、GHQもその傾向があったということです。
  ちなみに、レッドパージを指令したマッカーサーは共和党寄りの軍人で、1951年の米国議会公聴会で「大東亜戦争は自衛戦争だった」と言っています。
ろろ #-|2006/10/22(日) 00:04 [ 編集 ]
 フォロー有り難うございました。

 名無し(ななし)さんは、本気で書いていたのですね。(感情を逆撫でする表現だったので)放置してしまい失礼しました。

 あんぽんたんさんが答えてくださったように、「GHQの洗脳教育は(日本の左傾化の)発端」であり、ろろさんが答えてくださったように、共産主義とは言えないまでも左傾化していたと思います。

 次に「左翼・サヨク・左巻き・人権派」の定義ですが、私の場合は「自由・平等」の美名を使って「日本古来の精神文化を破壊する思想」を総称していますので解りにくいかも知れません。
 私は自分自身では右翼だとは思っていませんが、右翼と定義する方もいらっしゃるように人それぞれに若干違うのではないでしょうか。

 書籍やネット情報で根拠は調べているつもりです。
 いちいち全ての根拠を列記していたら膨大な量になり、論点がボケてしまいます。
 読む人それぞれに基礎知識の量も違いますから、何処まで根拠を示すべきなのかも難しいところです。
百式 #-|2006/10/22(日) 10:54 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
「村山談話」踏襲-安倍総理、持論を抑え無難な切り回し 
昨日の衆議院代表質問において安倍総理がいわゆる「村山談話」を踏襲すると発言したと新聞発表があったことで、やや焦りを覚えたので急遽記事をアップしました。 安倍晋三首相にとって初の国会論戦となった2日の衆院本会議で  
新・平成徒然草 2006/10/04(水) 09:29
古典から学ぶ愛国心 
つれづれなるままに ひぐらし硯にむかひて 心にうつりゆくよしなしごとに そこはかとなく書きつくれば あやしうこそ 物ぐるほしけれ。ご存じ吉田兼好の「徒然草」の冒頭部分です。学校でもよく暗記しました。私の  
新・平成徒然草 2006/10/07(土) 13:48
検証・日中首脳会談-「予定調和外交」からの脱皮 
てっくさんのブログでこの記事を読んで何だか胸がスカッとしたので、記事を拝借いたしました。かつての歴代の日本の総理大臣でここまで強硬な姿勢を見せた人はいたでしょうか。私もその記憶はありません。安倍総理、やはり  
新・平成徒然草 2006/10/14(土) 17:18
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/176-058a38be

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。