御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

日米同盟ね 

 歴史上、覇権国家であり続けた国はないのですから米帝とて同じでしょう。
 日本は、若すぎるアメリカと心中するつもりなのか?

 sankei 日米同盟を一層強化 首相が防大卒業式で訓示

 安倍晋三首相は18日午前、防衛大学校(神奈川県横須賀市)の卒業式で訓示し「国民の生命、身体、財産を守るためには、わが国の安全保障基盤の着実な整備を図るとともに、日米同盟を一層強化していく必要がある」と述べ、日米両国の安全保障協力を拡充する考えを強調した。

 首相はアジア太平洋地域の情勢について「北朝鮮の拉致問題、核開発、弾道ミサイルの発射をはじめ、複雑で多様な要因を背景とした地域紛争、大量破壊兵器の拡散など困難な諸課題が存在している」との認識を表明。今年1月に防衛庁から防衛省に昇格したことを挙げ「国防と国際社会の平和に取り組むわが国の姿勢を明確にすることができた」と指摘した。

 久間章生防衛相は「日米安保体制を発展させていくため、昨年5月の在日米軍再編に関する日米合意の実現に向けて最大限の努力をしている」と述べた。


 日本は核を持たないから、アメリカの核の傘に入れて貰わなければならなくなり、必然的に卑屈に成らざるを得ない。

 アメリカは、日本が好きだから安保を結んでいるのではなく、欧米を中心と見た場合の極東アジアに軍事拠点を持ちたいからに過ぎない。
 ロシアや支那に睨みを利かせるのには絶好の場所ですからね。

 皆様ご存じのように、アメリカという国は移民で出来た国です、つまり多民族多宗教ですから、常に多数の勢力(民族・宗教)が暗闘し、権力を握ろうとしてせめぎ合っているのです。

 最近の例としては、下院での支那系ホンダ議員(日系というふれこみは嘘のようです)の暗躍があります。

 そして、国どうしの条約や同盟などは簡単に破られるモノです。
 大東亜戦争末期においての、ソ連による鬼畜外道の所行を忘れてはなりません。

 よって、自国の防衛他国に任せるというのはアホが考えることです。

 唯一の被爆国である日本には、「核アレルギー」と言うものが存在するのですが、核を持ったら戦争になるのではなく、核を持ったら敵は核を撃てなくなるのです。
 だから、「核を保有する」ということは、「核を使用させない」ということですね。

 本当に世界平和を目指したいのであれば、日本が発言力を持たなければなりません。

 下記は、私がお勧めする維新政党・新風の軍事上の施策です。

  新憲法制定後は、新国軍として、新安保政策に沿ふ統幕の権限強化、三軍の再編・装備の充実を行ひ、領土・領海・領空侵犯に対し、断固とした対応ができるやう国防行動規定を明確にする。そして、駐在武官等の派遣及び独自の通信衛星を含む情報・通信体制を強化し、食料・燃料・弾薬備蓄の増大、運輸・生産などの後方支援体制の充実、予備役制度・民間防衛制度の強化を図る。又、各種学校の充実と再編を図り、階級呼称等を復旧する。

  軍事技術の開発は国際関係を睨みつつも、全ての分野で可能な限りフリーハンドを得るべきであり、核兵器についても廃絶を目的としつつも、我が国の独立自尊のために保有の権利まで放棄しない



 クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2007/03/18 19:43|国防TB:1CM:6
コメント
TBありがとうございました。こちらからはなぜか送れませんでした。
中共、韓国との連携が分かりやすかったので、今回ほど米国に対する不信感が上がった人は多いと思います。
慰安婦問題での安倍首相の発言が二転三転するのは、日本だけが悪者にされていながらでのことなので、安倍首相に対して自民党の身内からも見放された感があります。親米保守の政治家は限界にきています。
myuuta #r6D7sOkg|2007/03/18(日) 21:39 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2007/03/18(日) 21:55 [ 編集 ]
既出ですが
何ゆえに 人の喧嘩に 口を出す
 ウルトラマンの 正義を思う

 何故、ウルトラマンは、何の関係もない地球を守るのか?
 果たして正義感だけなのでしょうか?
 地球に宇宙人が寄って来るのも実はウルトラマンがいるからではないでしょうか?
 ウルトラマンは、M78星雲を戦場にするのが、嫌だから地球で代理戦争を行なっている!
 「日米同盟について作文を書け!」
 小4の時に書いた作文ですが、先生には理解出来ませんでした!
鵺娘 #/9u.keZw|2007/03/18(日) 22:09 [ 編集 ]
日米「同盟」
  前々からすっごく違和感があるのが、この「同盟」というくだりです。

  鈴木善幸や中曽根あたりが首相だった頃は、どうも「安保体制」と形容していたような気がしています。それが、例のガイドラインあたりから微妙に変化してきて、小泉の時代に完全に「日米同盟」が定着していました。
  名は体を表すと言いますが、米軍と自衛隊の一体化が「同盟」の呼称を用い初めてからかなり進行したようです。まあ、戦後からずっとそうなのかもしれませんが、少なくとも戦前生まれが中枢にいた時代(岸と福田は例外)は違いました。今の政治家は、佐藤栄作のように「軍隊を出すと社会党に政権を取られる」というハッタリも使えないのでしょうね。
ろろ #-|2007/03/19(月) 00:49 [ 編集 ]
同盟?
 軍事には詳しくないですが、少なくとも「同盟」という間柄の国々は、各々が独立国であり、自国を護れる防衛力を持ち、外交的には対等であり、相互不可侵であり、外敵に対して公平(人口比でも軍事力比でも経済力比でも良いが)に、血と汗を流すと言う事だと思いますが?
 「自国を護れる防衛力」とは、当然に「武力」を行使できる「法的」担保と、その武力を背景に行う「外交力」が含まれるのではないでしょうか?
 今の日本は「核を除く武力」はあっても「法的」担保も無い。よって、これを背景にした外交が難しい。これは日中、日露だけでなく日米外交でもそうでしょう?
 早く「自国を護れる防衛力」を持った上で、台湾、印度、豪州、米国との軍事同盟が必要な気がします。
 素人ゆえ、的がずれていたらご指摘頂ければ助かります。 
tono #vFsRzAws|2007/03/19(月) 15:02 [ 編集 ]
myuutaさん
TBの件は失礼しました。FC2同士は何故か送れないことがありますね。
>親米保守の政治家は限界にきています。
そうですね。
日本には、媚特定アジア議員か媚米議員しかいないのではなかろうか?と思えてきました。
真の保守政治家が日の目を見られないのは異状ですよね。

鵺娘さん
>地球に宇宙人が寄って来るのも実はウルトラマンがいるからではないでしょうか?
なるほど、面白い考え方ですね。
頭も精神も色惚けている狂員には理解できなかったでしょう!
あっ、小4?ブルドックか!

ろろさん
>米軍と自衛隊の一体化が「同盟」の呼称を・・・
自衛隊の中でも特に海自は米軍と連携しなければ使い物にならない偏った戦力だと聞いたような気が?イージスとか・・
つまりそれが「同盟」のからクリなのでしょうか?

tonoさん
>素人ゆえ、的がずれていたらご指摘頂ければ助かります。
とんでもありません。私は一部を除けば素人ですよ。

「連合国」を「国連」と和訳しているように、「隷属」を勝手に「同盟」と和訳しているのかも知れませんね?
百式 #-|2007/03/19(月) 22:38 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
「ゆとり教育」見直し 
「ゆとり教育」見直し素案 春・夏休み短縮など  政府の教育再生会議は14日、東京都内のホテルで学校教育の再生を協議する第1分科会を開き、「ゆとり教育」見直しの具体策を示した素案をまとめた。夏・春休みの1週間程度  
新・平成徒然草 2007/03/18(日) 21:11
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/213-3fbcfc37

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。