御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

台湾の李登輝前総統・都内で講演 

 台湾の李登輝前総統が訪日されました。
 台湾は有史以来、中国共産党が支配する中華人民共和国の一部になったことはありません。
 だから台湾は、特定アジアの支那(中国)とは精神文化が違います。

 YOMIURI 李登輝・前総統、きょう来日…文化交流と旅行が目的

 【台北=石井利尚】台湾の李登輝前総統(84)は30日、学術・文化交流と観光旅行のため、日本を訪問する。

 李氏の訪日は2004年12月の観光旅行以来で、2000年の総統退任後3度目。李氏は、総統退任後、初めて東京を訪れるほか、6月9日までの日本滞在中、初の講演や記者会見を行う。

 訪日は、中嶋嶺雄・国際教養大学長の招請によるもの。李氏は30、31の両日、都内を観光し、6月1日に「第1回後藤新平賞」授賞式に出席、同賞を受ける。その後、松尾芭蕉の「奥の細道」のルートをたどり、宮城、山形、岩手、秋田各県を回る。7日には、都内で「2007年以降の世界情勢」と題する講演を行い、政財界関係者とも交流する予定だ。

 李氏は先の本紙などとの会見で、「(戦前に)私が受けた教育や文化について話し、日本はいい国だ、頑張りなさいと伝えたい」などと抱負を語っていた。日本政府は05年から、台湾からの短期滞在の観光客について査証(ビザ)を免除しており、李氏も「私人」としてビザなしで訪日する。

 李氏は01年に心臓病の治療目的で、04年には名古屋や京都、金沢などの観光のため訪日したが、中国の反発を懸念する日本政府に配慮して、講演や記者会見は避けていた

(2007年5月30日0時5分 読売新聞)


 6月7日に都内で「2007年以降の世界情勢」と題する講演が開催されるようなのですが、検索しても場所や時間が全くヒットしません。

 中共の圧力によるフィルターがかかっているのでしょうか?

 私は台湾の李登輝前総統の著書を読んだことがあるのですが、日本に住む日本人よりも大和魂の持ち主だと思いました。
 非常に尊敬している方なので、是非とも講演会に参加してお話を聴きたいです!!
 講演会に関する情報を知っている方は教えてください!

 台湾の李登輝前総統訪日を歓迎する方は
 クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2007/05/31 22:05|台湾TB:4CM:6
コメント
李登輝氏の訪日を歓迎します。
李登輝氏の訪日を私も大歓迎です。ぜひ、靖国神社の参拝を実現して頂きたいと存じます。ミケ
屋根の上のミケ #-|2007/06/01(金) 01:11 [ 編集 ]
間に合わないかも
李前総統・講演会と歓迎レセプションのご案内

謹啓 李登輝前総統が5月30日から日本を訪問されます。そこで李前総統をお招きし、下記の要領で講演会と歓迎レセプションを開催致します。参加ご希望の方は「往復葉書」に住所・氏名を記入の上お申し込み下さい(定員500名、締切6月1日必着)。返信葉書が参加証になりますので、当日、受付にご提示下さい。            敬白

                    記

■日 時 6月7日(木)午後5時~8時30分(開場4時)
        講演:5時~6時30分 歓迎レセプション:7時~8時30分

■会 場 ホテルオークラ東京 本館1階 「平安の間」
     東京都港区虎ノ門2-10-4 TEL.03-3582-0111
     【交通】地下鉄「虎ノ門駅」「神谷町駅」「溜池山王」
「六本木一丁目駅」より徒歩5分

■講 師 李登輝前総統

■演 題 2007年とその後の世界情勢

■参加費 12,000円(当日、受付で申し受けます)

■主 催 李登輝博士ご夫妻歓迎実行委員会

■申込先 日本李登輝友の会
     〒102-0075 東京都千代田区三番町7-5-104号
     TEL 03-5211-8838 FAX 03-5211-8810
名無し #-|2007/06/01(金) 06:32 [ 編集 ]
私も実は
実は私も『日本李登輝友の会』の会員です。いつもメルマガを呼んで喜んでおります!6月7日は実に行きたいのですが仕事の都合でいけません。

>私は台湾の李登輝前総統の著書を読んだことがあるのですが、日本に住む日本人よりも大和魂の持ち主だと思いました。

まさにその通りでございます。又、何度となく台湾にも行っておりますが『高雄・台北』と何度行ってもココは日本じゃ~ないのか?というような錯覚を覚えます!何より台湾に住む人たちが日本のことが大好きだというのが本当に良く分かりますよ!これはやはり教育の違いなんでしょうね。

李登輝前総統にはお身体には十分気をつけて『日本』を語りついでいって貰いたいと心からそう思います。

大分前にも書きましたが、我々日本人が海外と仕事で取引をするときには相手国が親日であることは一番重要であります。両思いでないとね!


白鳳 #-|2007/06/01(金) 07:04 [ 編集 ]
人権派教師は台湾は国でなく地域であるという教育をしています
 そういう人を見ていると日本こそ独立国でなく何処かの属国なの?
 思えて来ます。
 そういう人達の特徴は、国の利益は、考えていないのに自分の利益は、真っ先に考える事です!
鵺娘 #/9u.keZw|2007/06/01(金) 19:02 [ 編集 ]
屋根の上のミケさん
お久しぶりです。
>李登輝氏の訪日を私も大歓迎です。ぜひ、靖国神社の参拝を実現して頂きたいと存じます。
今回は大丈夫でしょう?
中共が騒ぎ過ぎれば日本人の反発をかいますから。

間に合わないかも さん
情報を有り難うございました。
もっと早くから調べておくべきでした・・反省です・・

白鳳さん
私は今回の講演会の件で、『日本李登輝友の会』が有るのを知りました。
6月7日はお仕事の都合でいけないのですね・・
親日国家「台湾」とのお仕事も「友好の架け橋」となるでしょうから、引き続き頑張ってください!
百式 #-|2007/06/01(金) 22:50 [ 編集 ]
鵺娘さん
>日本こそ独立国でなく何処かの属国なの?
> 思えて来ます。
 真っ当な独立国とは言えないと思います。大東亜戦争の敗戦以降はアメリカの属国と言えるのではないでしょうか?
 私にはそう見えます。

> そういう人達の特徴は、国の利益は、考えていないのに自分の利益は、真>っ先に考える事です!
 自然界の寄生虫は、宿主を弱らせるだけですが、人間界の寄生虫は馬鹿だから宿主さえも倒しかねませんね。
百式 #-|2007/06/01(金) 22:58 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
マスコミによる台湾差別 
 本日、久方ぶりに来日される台湾の李登輝元総統ですが、どうやら、来月にもまた、再び来日される予定を立てておられる模様。 そして、当然の事ながら、マスコミという名の北京の飼い犬が、またぞろ、この事に対して異  
或る浪人の手記 2007/06/01(金) 01:09
『台湾の主張』 李登輝  ~『大地の咆哮』の補足として~ 
台湾の主張李 登輝 (1999/06)PHP研究所この商品の詳細を見る『大地の咆哮』を読みながら、ずっとこの本を思い出していた。中国の農業政策の失敗、無計画なダム建設による水不足・・・李登輝氏が台湾の農業復興に力をいれて、台湾の  
本からの贈り物 2007/06/01(金) 19:25
李登輝 
李登輝李登輝(り とうき)は中華民国(台湾)の政治家・農業経済学者。前中華民国総統|台湾総統(1988年 - 2000年)。李登輝は蒋経国の後継者として総統に就任後、中華民国の民主化、本土化を推進した。中華民国民主化と地域化する過程の中で執政の立場  
みほの日記 2007/06/02(土) 02:13
李登輝氏が「後藤新平賞」授賞式で講演 
 やっと、と言うか来日を果たされた李登輝前台湾総統が、後藤新平の生誕150周年を記念して創設された「後藤新平賞」の第一回受賞者に選ばれ、六本木の国際文化会館で授賞式臨み、講演をされた。_/_/_/▼Sankei Webより引用  
切捨御免!トノゴジラの放言・暴言 2007/06/02(土) 18:28
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/246-ed98af79

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。