御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭は痴呆? 

 しんぶんアカヒの論調は相も変わらず強引ですね。
 タイトルと内容が違うでしょ?
 集団自決なんか命じて無いじゃない。
 これ(朝日新聞)しか読んでいなかったら、判断力が無くなって頭が悪くなりますよ。

 skahi 62年前に見た集団自決の現場 「軍曹が命じた」

 沖縄戦の戦没者ら約24万人の名を刻んだ「平和の礎(いしじ)」。糸満市摩文仁(まぶに)に立ち並ぶ碑の前で23日朝、元中学校教諭の吉川嘉勝さん(68)は妻の英子さん(68)と一緒に静かに手を合わせた。礎には米軍の艦砲射撃で亡くなった父の名がある。
 62年前、吉川さんは「集団自決」の現場にいた。
 那覇市の西約30キロにある渡嘉敷島。周囲25キロの島に米軍が上陸したのは45年3月27日のことだ。住民らは土砂降りの雨の中、島北部の通称「北山」を目指した。吉川さんと家族もその中にいた。当時6歳だった。
 「集団自決」が起きたのは翌28日。たどり着いた山中で家族や親類ごとに円陣を組んで座った。村長の短い訓示の後、「天皇陛下万歳」の叫びとともに、あちこちで手投げ弾が爆発した。

 吉川さんの家族ら約10人が輪になった中でも、義兄らが手投げ弾を石に打ち付けた。だが、爆発しない。父は「火を燃やして、投げ入れろ」と指示した。

 母が叫んだ。「手投げ弾を捨てろ」。生きられるだけ生きるべきだと必死に訴えていた、と吉川さんは振り返る。家族はその場を逃れた

 母が教えてくれた「命の重さ」を伝えるため、吉川さんは教師になった。校長を最後に教職を退き、島に戻った今は、地元の子どもや修学旅行生を相手に平和学習の案内役を務める。「自分たちの歴史を知り、戦争のない社会をつくってほしい」と語り続ける。

 その島で、沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭さん(72)は88年、かつて村の兵事主任だった故富山真順さんから、ある証言を聞いている。

 富山さんは45年3月20日、戦隊からの命令で17歳未満の少年と役場職員を役場の庭に集めた。兵器係の軍曹が住民二十数人に手投げ弾を2個ずつ配り、「敵に遭遇したら1発は敵に投げ、捕虜になる恐れのある時は残りの1発で自決せよ」と訓示した、という。
 沖縄ではいま、「集団自決」を巡る教科書検定で「日本軍による強制」が削除されたことに強い反発が起きている。安仁屋さんは言う。「富山さんの話は自決命令の存在を示す重要な証言だ


 村長も命じてはいないようですし、軍曹は住民に対して訓示など出来ませんから、アドバイスをしたのでしょう。

>。家族はその場を逃れた
 と書いてあるように、それぞれの意志で行動したわけですね。

沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭という人は、本当に「富山さんの話は自決命令の存在を示す重要な証言だ」と思っているのですかね?
 名誉教授ってその程度に人がなるものですか?

 朝日新聞沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭に呆れた方は
 クリック御願いします!

スポンサーサイト
 
2007/06/23 20:45|教科書TB:0CM:8
コメント
朝日新聞の世論誘導
朝日新聞の印象操作と呼ばれているようですが、見出しや記事でうまく読者を事実と異なる方向へ誘導することをいうようです。新聞業界には「見出し読者」という言葉があります。見出しだけしか、読まない読者のことです。読者の多くは限られた閲読時間の中で、興味のある記事は、じっくり読みますが、そのほかの記事は、見出しだけを斜めに読むのが普通です。

今回の記事でも「62年前に見た集団自決の現場 「軍曹が命じた」 」と飆にあったら、見出ししか読まない読者は、「あ~ やはり命令はあったのだ」と受け取ってしまうでしょう。

さらに記事中を読んだとしても、事実をぼかして、命令がいかにもあったかのように読者を誘導する書き方がしてあります。

ミスリードと呼ぶと聞こえが良過ぎます。朝日お得意の誘導記事です。平和なときには平和を叫び、戦争が近づくと「鬼畜米英」と叫ぶのが朝日新聞です。

私の大嫌いな新聞です。ミケ
屋根の上のミケ #mQop/nM.|2007/06/24(日) 00:08 [ 編集 ]
教授と助教授の違いは分かるのですが・・・
 名誉教授が、どのくらい偉いかは、名誉会長がどのくらい偉いのかと同じくらい分かりません。
 中国に置ける最高実力者みたいなモノ?
 定年後、嘱託になって院政を引いている様なモノ?

 PS 例え、自分が嫌いな赤毛であっても煽てて1票にしようと言う努力をしないのは、民主党が所詮は女の子の党だから?
鵺娘 #/9u.keZw|2007/06/24(日) 11:06 [ 編集 ]
軍曹が命令など出せるわけがない!
 本当に左翼教授と朝日新聞の謀略には怒りを感じます。
 兵隊に過ぎない軍曹が命令など出せるわけが無いですよ。
 少なくとも将官でなければなりません。
 軍隊の組織も分からない朴念仁でしょう?
 「軍の命令」となれば
 それなりの整った書面なり形式が必要です。
柳生すばる #6/RPTTR6|2007/06/24(日) 13:47 [ 編集 ]
ミケさん
印象操作の解説有り難うございました。
興味がある乱し以外は、見出ししか読まないことが多いですものね。
納得です。

鵺娘さん
>民主党が所詮は女の子の党だから?
この場合の「女の子」というのは、「全ての事柄に対して、とことん自分の都合の良いようにしか解釈しない」ということですね。

柳生すばるさん
>本当に左翼教授と朝日新聞の謀略には怒りを感じます。
お怒りごもっともです。
百式 #-|2007/06/24(日) 20:14 [ 編集 ]
この手の証言は
 出る程に「自爆」していくようですが、もし手投げ弾を軍曹が民間人に渡して自決命令を出すぐらいなら、極論ですが撃ち殺した方が早いのでは?
 かような証言は、生き残った方々の証言ですよね。
 自決して逝った方々の証言は当然ながら無い!
 命令されても、自分の意志で生き残れたんなら、自決した方々も意志かも知れないとどうして思えないかな?
 口をきけぬ方々を、生き残った罪悪感のすり替えに利用するような事はもう止めましょうよ。
 生き残った方々を誰も責める権利はないし、生き残った方々にも自決した方々の意志を勝手に歪める権利はないと思う。

 と言うより、「朝日新聞の戦争責任」という本に記録があるように「一億総玉砕」を最後まで煽っていたのは、朝日新聞!お前達だろう!
 
tono #vFsRzAws|2007/06/24(日) 21:16 [ 編集 ]
tonoさん
> 口をきけぬ方々を、生き残った罪悪感のすり替えに利用するような事はもう止めましょうよ。
 生き残った方々を誰も責める権利はないし、生き残った方々にも自決した方々の意志を勝手に歪める権利はないと思う。

 馬鹿な私にも理解を促すコメントを有り難うございます。
 根底には「生き残った罪悪感」というものがあるのでしょうね。

 生存者の証言がいないと解らない部分もあり、生存者がいるからこそ解らなくなる部分もあるということが理解できました。
百式 #-|2007/06/25(月) 23:10 [ 編集 ]
話し合いました。
皆様お久しぶりで御座います。
この沖縄の一件、この前 妻とじっくりと話してみました。
もし当時、俺たちが沖縄の戦時下に居たとしてアメリカ軍が上陸し見つかればどんな辱めを受けるやもしれん行き場の無い状態で、米兵に見つかりそうだとしたらお前はどうする?っと聞いて見たところ、『舌をかんで死にます』と答えておりました。
妻を褒めるわけではありませんが、当時の状況はそんな感じであるのではないかと思います。

決して戦争賛美ではありませんが、沖縄にて自決された『誇り高き御霊』に最高の敬意をはらい、謹んで哀悼の意を表すところであります。

> tono さん
>、「朝日新聞の戦争責任」という本に記録があるように「一億総玉砕」を最後まで煽っていたのは、朝日新聞!お前達だろう!

まさに同感であります!『ゾルゲ』『尾崎』戦争の総責任は朝日と共産にあるものと思います。
白鳳 #-|2007/06/26(火) 13:18 [ 編集 ]
白鳳さん
>妻を褒めるわけではありませんが、当時の状況はそんな感じであるのではないかと思います。

 私もそう思います。
 白鳳さんのように「自分達ならどうするか?」を話し合うのは大切なことだと思います。
百式 #-|2007/06/28(木) 13:28 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/264-e4881ba8

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。