御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

共産主義者の歪み 

 「共産党」・「共産党の歴史」・「共産党の危険性」「「日本共産党の下部組織」」に続く第5弾、本日は「共産主義者の歪み」です。

 共産主義の実質は、日本共産党が宣伝しているような合理的・科学的とは程遠い国になりはてることは、崩壊した旧ソ連をはじめとするすべての共産主義諸国を見れば明らかであるにもかかわらず、共産主義者が政治活動をしている共産党員のみならず、大学教授・医者・弁護士・官公庁のキャリア・TV局・新聞社等に多数存在するのは何故でしょうか?
 


 彼等の共産主義思想の根底は主に大学時代に造られるのですが、その学生の心を捉える理由の1つとしてはマルクス理論の持つ魅力があります、2つめは資本主義社会が持つ不合理、3つめに青年学生特有の気質というものが上げられます。

 まずマルクス理論の魅力ですが、唯物論と弁証法を結びつけた「唯物弁証法」という哲学をつくりあげて、封建社会から歴史の必然として変化した資本主義は今後どう変化するのかという経済理論を説き、それにとって替わる社会主義社会及びその実現方法、革命の戦術とその独裁の政治理論にまで及ぶという、大きな体系を形作っているところにあります。
 根幹が歪んでいるにもかかわらず、表面的には哲学・経済学・政治理論と一貫性を持っており、極めて巧みに統一・体系化され、大きな構想をもった思想、理論は他に無いというところにあります。
 机上の空論だからこそできる学問なのですがね、いわゆる絵に描いた餅なのです。

 つぎが、資本主義社会がその制度ゆえに必然的に発生する「不平等感に対する不満」なのですが、そもそも人が人として生まれた時からすべてが平等など絶対にあり得ないのです、生まれる親・能力・性格等様々なものが違って当然なのですから。もっとも、共産主義社会に生まれれば「平等に貧困」かもしれませんね(笑)

 そして青年学生特有の気質ですが、本来青年は正義感が強く、社会の不正を改めようとする革命的情熱を持っており、大人社会に対する批判性と否定性が強いため、弊害を生む「資本主義を否定する共産主義」が進歩的であると錯覚してしまうわけです。
 それに加えて、貧困にあえぐ労働者を指導して革命に向かわせるのは、エリートである共産党員の使命である(このことを共産党では「前衛」と表現します)。というエリート意識が更なる歪みを生むのだと推測されます。
 つまり、若さゆえの過ちと言えるのですが、マルクス哲学の中の「唯物論」は、人や自然はすべて物質であり、目に見えない「神」や「仏」は頭で考え出した幻にすぎない、まず物質である人体があり、その反映として精神が生まれると説いているわけですから、自然に対する畏怖や感謝などという概念は無いでしょうし、道徳の意味も解らないでしょう。

 えっ、道徳の意味ですか?

 道徳とは、「万物(自然や仏)によって「生かされている」ことを知り、そのことに感謝して、その感謝の気持ちのまま自分にも他人にも接する」ということです、自論なんですけどね。

 そうやって精神の成長が止まったまま知識だけを身につけて、地位や権力を持ってしまった人たちは、恥ずかしげもなく「進歩的文化人」と自らを称するわけです。

励ましのクリックを!
スポンサーサイト
2006/01/26 11:11|共産党TB:1CM:10
コメント
精神の成長が止まって
知識だけを身につけてもらっても、
困りものですね。
私は精神の成長も止まって、
知識の増加も止まってますが…

ところで、本題ですが、
「若さゆえの正義感」はよくわかります。
それで錯覚を覚えることもある意味しょうがないでしょう。
しかし、その後現実も見えてくるはずです。
社会主義思想は、
『机上の空論』だと…
違うのでしょうか?
刀舟 #cMnBD31A|2006/01/26(木) 14:56 [ 編集 ]
刀舟さん
 そこなんですよ、現実が見えないのか、自分達だけは違うと思っているのか、理想を求めることに意味があるのか・・・
 まったく不可解で迷惑なな人達です。
百式 #-|2006/01/26(木) 15:39 [ 編集 ]
no title
共産主義の最大の欠陥は「為政者」にあります。
世界の国々には、善悪の基準、行動の基準、さらに精神の基礎として宗教があります。絶対的善悪を判断すべき価値基準は、本来宗教がその役割を担っているのです。
その宗教を否定することにより煩悩を抑える術を知らない者たちが、しかもよりによって長期にわたって独裁的権力を握るのです。
チェック機関は自分たち自身であり、無いに等しいといえます。
あらゆる欲望を実現する欲求を抑えきれなくなることは当然と言えるでしょう。
此処に現実社会において共産主義が成り立ち得ない最大の原因があります。
万一共産主義社会が成り立ち得る余地があるならば、聖人君子が独裁的政治権力を握ることなのですが、これを実現しようとしたのが「河内正臣」氏で、「天皇陛下と共産主義の融合」論です。
いざりうお #-|2006/01/26(木) 17:34 [ 編集 ]
今日は時間がないので

とりあえず短歌を送ります。
貧乏の 意味も知らない 人たちが
語りし平和 ちゃんちゃらおかし
最後の一節、わざと下品にしてみました
鵺娘 #/9u.keZw|2006/01/26(木) 19:36 [ 編集 ]
インテリ!?
こんばんは。

共産主義者=インテリ、などというイメージもあるのかもしれませんね。小さい頃から机上の学問ばかりを詰め込まれ、さぁ大学生だ、と思った時に特定の思想をうまく刷り込まれると、抜け出すのは容易なことではないようです。そう言えば、統一原理の布教現場も大学構内が多かったような…。特に東大、京大は彼らにとって恰好の“猟場”だったようです。しかも、統一原理の名は出さず、○○サークルといった“偽名”を使うのが得意だったそうで、純粋な若者がよく狩られたそうな…。あれっ、共産主義の話でしたよね。どの分野にもこういう手合いは多いのですね(笑)。

昔、マルクスは「大変な浪費家」だったという文章を読んだことがあります。『エミール』で教育論を語ったルソーは子どもを認知しなかったとか…。理想は実現するものではなく、語る(んっ、騙る?)ものというでしょうか?
ハハサウルス #-|2006/01/27(金) 00:31 [ 編集 ]
いざりうおさん
 万が一共産主義社会が成立してしまった場合、または他の力による独裁政権が発足してしまった場合には、最も早く立て直せるのは、天皇による独裁政治だと思います。ただし、これも1代か2代限りという前提の上です。
百式 #-|2006/01/27(金) 07:21 [ 編集 ]
鵺娘さん
 党員及び極左の思惑は別として、「反戦平和運動」をしている人達の大半は、本当に平和について考えている人はいないでしょう。
 共産党の思想教育は、「思考停止」教育ですから。
百式 #-|2006/01/27(金) 07:28 [ 編集 ]
ハハサウルスさん
 「嘘や詭弁、誇大妄想的なカルト宗教に騙される」、または「物欲のみに邁進」してしまう、そして一番多いであろう「自分が何をしたいのか解らない」という純粋な若者が生み出される理由は、宗教をベースにした「道徳教育」を家庭においてしていないからだと思います。
百式 #-|2006/01/27(金) 07:42 [ 編集 ]
『神社本庁』へ強力な働きかけを
楽観的な予断は禁物です。

Sankei Web 産経朝刊 平成18(2006)年1月27日[金]
http://www.sankei.co.jp/news/morning/27pol003.htm
より以下引用(抜粋)
 小泉純一郎首相は「今国会で成立させた方がいい」と強気の姿勢を崩さない。このため、党内からは「首相は郵政民営化の時と同様、反小泉勢力による政局ととらえている」などの憶測が出ている。
 首相は二十六日夜、「皇室典範に関する有識者会議」の吉川弘之座長(元東大学長)ら同会議メンバーと首相公邸で会食し、皇室典範改正案について「今国会で成立させる。安心してください」と明言した。首相に近い自民党幹部も各派の中堅議員に典範改正に反対する会合に出席しないよう呼びかけるなど、男系尊重派の切り崩しを図っているようだ。
 改正案提出見送りを進言した自民党議員は「首相は非常に硬く、私の意見は退けられた。改正案反対の動きはこれ以上広がらないとみている」と話す。
「皇室典範問題で小泉さんを攻撃しようとしているのは、郵政民営化に反対した人たちでしょう」(公明党幹部)
 (首相は)「皇室ももっと改革が必要だ」と主張したという。
 関係者の一人は「首相は皇室の神秘的な伝統などは、不合理だとしか感じないのではないか」と危惧(きぐ)を示している。


『神社本庁』へ強力な働きかけを

 幾つかの大きな神社に電話をしてみました。
 ほぼ一様に帰って来るのは、
「神道政治連盟が意見書を提出しているので」との他人事のような返事です。
 ここでも平和ボケしているのではと感じざるを得ません。
 ただし、「『神社本庁』からの指示があれば」とのことでもありますので、
『神社本庁』に対し、「組織されている全国約80,000社の神社に対し、『署名運動』を指示されたい」旨、皆さん方からの強力なる働きかけを再度お願い致したく存じます。
 全国で毎日参拝に訪れる方々は膨大な人数に上るものと推測されます。
 しかもその参拝者には共産党・社民党などの天皇家に反対する人は原則としていないでしょう。
 即ち、この人たちに署名をお願いすることが一番手っ取り早く、しかも一番強力であることは明白であり、みすみす見逃す手はありません。
いざりうお #-|2006/01/27(金) 11:54 [ 編集 ]
いざりうおさん
了解です!
百式 #-|2006/01/27(金) 22:33 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
夜回り先生(2)~「明るさ」と「元気」の罪 
昨日に続き「夜回り先生」のこと。もう1つの魅力はテンションの低さだ。講演をテレビで見た時も思ったけど、本を読んでいても感じた。学校の先生に限らず、なんだか世の中的に「明るく」て「元気」なことが良いとされているけど、本当にそう?戦後の、いろんなこ....  
chez-moi 2006/01/26(木) 21:24
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/32-a99f9ec8

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。