御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

日本共産党の手口 

 日本共産党は、「大衆闘争」「党建設」「選挙闘争」「党防衛」の4つを基本方針に揚げています。
 「大衆闘争」とは、日本共産党には共鳴せずまた共産主義に感心がない大衆にも、当面の共通する要求を共に闘うように働きかけて、その「共同闘争」を通じて「統一戦線」を結成し、その拡大を図るというものです。
 そして、この大衆闘争を通して大衆の信頼を獲得して、それを土台に日本共産党の思想を浸透させてシンパ(支持者)に作り替え、更には日本共産党員や各種下部組織に加入させて党勢を拡大する。というのが「党建設」です。
 


 具体的には、”労働者のための労働組合”と称する日本共産党の下部組織「全労連」「全労協」「連合」等は、大幅賃上げや労働時間の短縮を訴え、更に増税に反対し消費税廃止を訴え、また更に医療制度の充実や年金・介護・福祉を充実しろと訴えています。

 一見労働者としては当然の要望かも知れません、しかし良く考えてください。
 働く時間を少なくして給料は沢山欲しい。
 税金は払わないけど、老後の面倒は見ろよ。
 言うことが聞けないならストライキだ!


って・・・身勝手すぎやしませんか?

 到底不可能で矛盾することを「さも正当であるかのごとく」主張して、善良無垢な市民を洗脳し「革命」の一翼を担わせるのが彼等「日本共産党」の手口です

 自由の権利・平等の権利・保障される権利・・・etc、彼等の主張は権利ばかりですよね?

義務はどこに置き忘れたのでしょうか?

 義務と権利の両輪がなければ企業も国も動き(発展)ません。

 騙されてはいけません、共産党の目的は高度に確立された日本の「破壊」です。

 私は政府関係者でも自民党員でもありませんし、天皇を女系に変えて、国体を破壊するような小泉体制が続くならば自民党も支持しません。
クリック御願いします!
スポンサーサイト
2006/01/31 23:08|共産党TB:0CM:4
コメント
一首献上!
何故に皆 他人押しのけ 座るのか 
権利という名の 椅子盗りゲーム
椅子の数を増やしても無意味です。立っている人がいるのに荷物を置いて座らせてくれない人がいます。
鵺娘 #/9u.keZw|2006/02/01(水) 11:31 [ 編集 ]
わがまま
はいけませんね。
皆働き、分相応な暮らしをしているのです。
身勝手な主張が、
国民に受け入れられる事も無いでしょうが…

もっとも、他の政党の主張も、
『国を良くする』と言うよりも、
『選挙のため』としか思えないような気もしますが…
困ったものですね。

では、クリックして帰ります。
刀舟 #cMnBD31A|2006/02/01(水) 11:59 [ 編集 ]
鵺娘さん
 強引に権利を獲得した人達は幸せになれたのでしょうか?荷物を使って自分のエリアを獲得した人は、幸せを感じるのでしょうか?
 きっと更なる乾きに、喉をかきむしっていることでしょう。
百式 #-|2006/02/01(水) 18:44 [ 編集 ]
刀舟さん
 選挙のためだけの詭弁を使って議員になった人は沢山いるのでしょう。新聞やTVしか情報がなかった時代は、マスコミによる完全なコントロールが出来たでしょうが、今はそうはいきません。
 我々が政治家を育てることも可能だと思います。
百式 #-|2006/02/01(水) 18:48 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/35-e62936fa

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。