御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

伝統の重み 

 東京国際マラソンを沿道で応援してきました。
 コースの中で一番過酷だといわれる39km付近の登りで応援したのですが、TVに映っていたかどうかは解りません・・
 後でゆっくり見ようと思って録画予約をしたつもりが、思っただけだったようです、残念。
 自分が頑張るのが好きだから、人が頑張る姿を見るのが大好きです。
 交通規制の時間が決まっているため、途中で時間切れになり39km地点で止められた選手がいたのですが、収容バスに乗るのを断り競技場まで歩道を走っていくと言うので、ゼッケンを外すのを手伝い、再び走り出す姿(根性)を拍手で見送りました。 



 マラソンと共に駅伝を見るのも大好きです。駅伝には襷(タスキ)という重みが加わるので様々なドラマが生まれるのですが、その最たるものが箱根駅伝ではないでしょうか。1920年に始まった大会ですが、各校の選手が「伝統の襷」をつなぐために一生懸命走る姿に感動します。
 時々途中で足の故障(トラブル)が発生する選手がいますが、びっこを引きながらも一生懸命前へ前へと走り続けます。最後はコーチが止めるのですが、自分の選手生命よりも「伝統の襷」をつなぐ事を優先してついにはふらふらになりながらも、歩いてでも前へ前へと1歩1歩進もうとする姿をどう思われますか?
 私は立派だと思います。
 各大学の襷には、学校の名誉・陸上部の名誉・何十年も前の先輩から受け継がれてきた熱い思いが込められています。
 「伝統」には単純に理屈では言い表せない重みがあるのではないでしょうか。
 その「伝統の重み」が選手を限界まで引き上げるのだと思います。

 言葉足らずで何が言いたいのか解らないかも知れませんが、要するに日本人の美徳である「努力や根性」が好きで、その精神に基づく「日本の伝統」を大切にしよう!と言いたかったのです。

 2000年以上も続いた「日本の伝統」を、我々の代で終わらせるわけにはいきません。

 私達には「古き良き伝統」を、子や孫へつなぐ責任が有るとおもいます。

クリック御願いします!
スポンサーサイト
2006/02/12 16:19|皇室典範TB:0CM:10
コメント
no title
伝統の重み、はからずも皇室の方々から私たちに伝統や歴史の重みを教えられたような気がします。今こうして自分たちが幸せに生きていられるのは、祖宗が紡ぎ重ねてきた歴史があり、伝統があり、長い積み重ねがあったからですね。その伝統や歴史を体現されている総本家が皇室だとしたら、この国は本当にひとつの共同体、家族のつながりで続いてきた国なんですね。そういう歴史を学ぶことでこの国に生まれて良かったと、誇りに思えるようになりたいし、この国をきちんと子孫に伝えていかないといけないという思いを新たにしました。
かついち #JalddpaA|2006/02/12(日) 17:14 [ 編集 ]
かついちさん
 正直言って、伝統の重み・歴史の重みについて、今回の出来事によって学ばせていただきました。
 私は親でありながらも、まだまだ子供に近いです。
 人生40から!と思って、更に勉強しようと思いました。
百式 #-|2006/02/13(月) 00:18 [ 編集 ]
一句献上!

 息白き 孤立無援の ランナーや

私はエチオピア人並みの赤血球の数があるので陸上部からスカウトが来ました。走るのは遅いのですが、持久力なら誰にも負けない自信はありました。ただ私はマラソンランナーになるには大きすぎるのです。しかしお断りしたのは自分も走れなくなったら円谷幸吉と同じ事をすると思ったからです。百式さんの仰る事は十分、分かりますが、私は頑張っている人には逆に「頑張らなくていいのよ!」と声を掛けて上げたい!
アラン・シリトーの「長距離走者の孤独」を読んで見て下さい。目先の欲に溺れている左翼の人には分からないでしょうが、人間に取って本当に大切なモノは何か?教えてくれると思います。
鵺娘 #/9u.keZw|2006/02/13(月) 08:53 [ 編集 ]
性善説について

少し長いですが「雨月物語」の「白峯」から引用させて下さい。

かの孟子の書ばかりはいまだ日本に来たらず。この書を積みて来る船は、必ずしも暴風にあひて沈没よしをいへり。それをいかなる故ぞととうふに、我国は天照すおほん神の発国しろしめししより、日嗣の大王絶る事なきを、かく口賢しきをしへを伝へなば、末の世に神孫を奪うて罪なしという敵も出べしと、八百よろづの神も悪(にく)ませ給うて、神風を起こして船を覆し給うと聞く。

まさに今は赤字の部分の世ではありませんか?
鵺娘 #/9u.keZw|2006/02/13(月) 09:10 [ 編集 ]
まったく
同感です。
悪しき習慣は改善し、
古き良き伝統は守るべきです。
当然の私たちの責任だと思います。
今のところ何もできませんが…
刀舟 #cMnBD31A|2006/02/13(月) 12:54 [ 編集 ]
鵺娘さん
 「頑張ることに疲れてしまった人」や「限界まで頑張っている人」に対しては鵺娘さんの仰る言葉が必要だと思いますが、私を始めとする大半の人間は、まだまだ「頑張りが全然足りない」と思っています。
 「長距離走者の孤独」は、探してみます。

 
 「雨月物語」については、ボンクラなので良く解りませんが、
「大陸思想は日本には馴染めない」むしろ有害である。ということでしょうか?
百式 #-|2006/02/13(月) 18:19 [ 編集 ]
刀舟さん
 ここで勝手に語っているだけで、少しくらいは何かの役に立っているのか、はなはだ疑問ではあるのですが「何もしないよりはましかな?」という自己満足だけで今のところ続けています。
 刀舟さんのように、立派な意見を述べられる日が来ることを信じて・・・
百式 #-|2006/02/13(月) 18:26 [ 編集 ]
孟子を読んで貰えれば分かると思います

他の本はいいけれど「孟子だけは口賢いから嫌いだ」と上田秋成は語っている様です。
「雨月物語」はその後、こう続きます。
兄弟内に鬩(せめ)ぐとも外の侮りを防げよ」(たとえ兄弟が、内輪で争うような事があっても外部からの侮りに対しては一致してこれを防げ)いい言葉だと思いませんか?
鵺娘 #/9u.keZw|2006/02/13(月) 19:14 [ 編集 ]
鵺娘さん
 孟子で検索しました
 易姓革命を正当化したのが、孟子の性善説だったのですね。納得しました。

 「兄弟内に鬩(せめ)ぐとも外の侮りを防げよ」良い言葉ですね。本来ならばそうあるべきでした。
百式 #-|2006/02/13(月) 22:13 [ 編集 ]
何を
仰います。

百式さんの文章は、
しっかりしたご意見ではありませんか?

私は、色々な問題点に対し、
こうやって“声を上げる”ことが大事だと思います。
今まで、変な人だけが声を上げてきました。
それでは、日本はどういった方向に進むことでしょう。
未熟さという点においては、私も痛烈に感じています。
しかし、できることがあるならばしたいと思うだけです。

よけいな事を書いてしまいました。
クリックして帰りますね(笑)
刀舟 #cMnBD31A|2006/02/14(火) 15:00 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/46-d4d4dd94

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。