御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

首相の大罪 

 皆さんご承知のとおり特定アジアと称される「中国・韓国・北朝鮮」は、「過去の侵略や植民地支配」の罪を償えと馬鹿の一つ覚えのように要求しています。
 この原因を造ったのは実は日本人です。
 しかもそれは歴代総理大臣で・・・3人いるのですが
 その中の一人が現総理大臣「小泉純一郎」です。

 かつて日本はGHQ占領下に実施された東京裁判の「判決」を受諾したのですが、昭和27年4月24日サンフランシスコ講和条約の締結によりアメリカ占領からの独立を回復しました。
 翌年8月3日の衆議院本会議において東京裁判
で戦犯とされた人々の赦免に関する決議
を採択しました。
 これにより、連合国による一方的な捏造裁判(東京裁判)
によって有罪判決を受けたすべての方々は、日本の国内法では罪とみなさないと決定されたのです。

 それから50年の月日が経ち、無知蒙昧な者が首相になりました。

 まず1人目は新党ブームに乗って、あれよあれよと総理大臣になってしまった細川護煕氏です。
 彼は、平成5年8月10日の首相就任の記者会見で、記者からの「先の戦争をどう認識しているか」という質問に対し「私自身は、侵略戦争で間違った戦争だったと考えている。過去の歴史への反省とけじめを明確にする」と発言し、同23日の所信表明演説においても「わが国の侵略行為や植民地支配などが、多くの人々に耐えがたい苦しみと悲しみをもたらした」と発言し、更に韓国訪問時に「日本の植民地支配で朝鮮半島の人々が母国語教育の機会を奪われ、姓名を日本名に改名させられ、従軍慰安婦徴用などで耐えることができない苦しみと悲しみを体験されたことについて、心から反省し陳謝する」と述べてしまいました。
 彼は熊本細川家の末裔ですから、決して半島系の血が混じっているわけではありません。エリート故に日教組主導の学校教育をそのまま鵜呑みにしてしまい、決して疑うことの無かった「おぼっちゃま」なのでしょうが、だからといって罪が消えるわけではありません。

 そして次が旧社会党から首相になった村山富市氏です。
 社会主義イデオロギーの持ち主を首相にしてしまったのですから、我々日本人全員の責任と成るのでしょうが、
 平成7年6月、村山首相主導の下に「世界の近代史上における数々の植民地支配や侵略行為に思いをいたし、我が国が過去に行ったこうした行為や他国民とくにアジア諸国民に与えた苦痛を認識し、深い反省の念を表明する」「歴史を教訓に平和への決意を新たにする決議」(戦後50年国会決議)
という日本人自らが歴史を捏造するような、おぞましく悲しい決議をしてしまいました。
 しかし自民党の抗議により「侵略」「謝罪」という言葉は取り除かれたのですが、それを不服とした村山氏は
 「わが国は、遠くない過去の一時期、国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与えました。私は、未来に誤ち無からしめんとするが故に、疑うべくもないこの歴史の事実を謙虚に受け止め、ここにあらためて痛切な反省の意を表し、心からのお詫びの気持ちを表明いたします」という有名な「村山談話」を発表してしまいました。

 本当に許せない気持ちでいっぱいなのですが、「社会主義者」が首相になってしまったことを考えると、この程度の被害ですんで良かったと思うべきかもしれません。

 そして最後が現総理大臣の小泉純一郎氏です。
 彼は、平成17年4月22日にアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の演壇に立ち、「植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して、多大の損害と苦痛を与えた、こうした歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切なる反省と心からのお詫びの気持ち・・」と表明いたしました。

 細川・村山両氏は2国間会議や国会(日本国内)にとどまりました。
 しかし小泉総理は、国際会議の場で各国首脳に対して公言してしまったのです。この発言は、世界に向けて日本は侵略国家であり、その罪を未来永劫に贖い続けます」と公言したに等しいのではないでしょうか。

 世界中を探しても自国を侵略国家だと公言する国は日本以外に無いでしょう。ヨーロッパ諸国・ロシア・アメリカ・中国のように本当の侵略国家を見れば明らかです。しかも、日本は侵略などしていない!

 本当の歴史を知ってか知らずか、詐欺師のような発言をして自国を貶めるとは情けないにもほどがある。
 日本を動かしうるトップとして君臨したこの3名が造りだした虚構による経済的損失はどれほどのものなのか?
 それにもまして、われわれ日本人が吹き込まれた嘘による精神的ダメージは計り知れない。
 未だに嘘を信じている人のほうが多いのですから、やるせない気持ちでいっぱいです・・・

 自民党が排出した、小泉首相が造りだした日本人へのダメージと国外に対して失った信頼を取り戻すのは自民党の責任です。

 「草の根保守」としては、現在は自民党を信じるしかないのです。

 今度こそ正しい歴史認識と、10年後・50年後・100年後を見越した国家戦略を持った人が首相にならなければなりません。

 麻生太朗外務大臣は、吉田茂元首相のお孫さんですから壮大な国家戦略を持っていらっしゃると信じています。

 私は、麻生太朗氏に子供達と日本の未来を賭けています!


 麻生外務大臣の総理就任を願う方は
クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2006/03/04 00:17|東京裁判TB:0CM:16
コメント
小泉氏には
首相退任に当たって「日中・太平洋戦争(個人的に大東亜戦争は違和感があるので)」と「戦後日本の平和的政策」を総括する「小泉宣言」でも出して欲しいですが。
それと今年は八月十五日に靖国参拝。
煬帝 #AVNby.KY|2006/03/04(土) 02:14 [ 編集 ]
まともという意味では、麻生首相待望論はOKです。だけど、色気出した?麻生さんは首相になったら、靖国に行かないとか行ってませんでしたかね?
なんせ党内基盤がよわっちいのが、妥協につながりかねない弱点・・・。
ってか、草の根さんたちが、もっと愛国的というか歴史認識がある国会議員を送り込まないと、麻生さんが浮いてしまってすったもんだの短命政権ってなことになっちまいます。
気持ちには賛成ですが #-|2006/03/04(土) 02:16 [ 編集 ]
戦争責任は我々の代まで償うものではない
戦争を知らない世代までが戦争の責任を負わされるのはまっぴらごめんです。確かに日本はやむにやまれぬ事情で戦争に踏み切ってしまいました。しかし、戦争を始めるにあたって苦渋の決断をされたのも、これ以上の戦争の犠牲を増やさないため終戦という大決断をされたのも昭和天皇お一人です。昭和天皇は決して逃げることなく、部下である軍部や官僚の誰にも責任を負わすことなく、生きながらえて数々の中傷や批判を受けながらも戦争の責任を果たされたと思います。死んでしまえばそこで罪もすべてその人の責任だった、ということで終わってしまいます。しかし、生きて長く恥をさらさなければいけないとなると、死ぬこと以上に苦しいことだと思います。しかし天皇は自らそちらを選んだ。一時期退位して死刑になってもいいからそれで責任をとろうとされたのを、どなただったかお止めになったそうです。そういう思いをしてまで責任を果たされた天皇に比べ、一国の首相はただ日本は侵略をした悪い国と自分で自分の首を絞めるようなことを言ってしまい、戦争の責任を先人はおろか、現在の戦争を知らない国民にまでとらされるようにし向けられてしまったのではないでしょうか。その責任は計り知れないものがあります。どこかできっちりと戦争の総括をして打ち止めにしないと、我々の子孫の代まで戦争の責任を負わされることになります。それはただ戦争への謝罪ではなく、未来永劫日本は絶対戦争はしない、という基本姿勢を見せていくことではないかと思います。
かついち #JalddpaA|2006/03/04(土) 08:27 [ 編集 ]
一首献上!

陽の当たる 場所だけ歩いて 来し人の 目には映らぬ 日本の陰や

細川氏の事が書いてあったので作って見ました。外国人より日本のそういう人の事を考えて下さい。
ところで肥後守というナイフは細川でなく加藤清正がモデルなのではないですか?
林房雄「大東亜戦争肯定論」は一読の価値があります。
鵺娘 #/9u.keZw|2006/03/04(土) 09:21 [ 編集 ]
近衛文麿の息子は愛国者である
細川氏は近衛文麿の子孫ですが、負い目を感じられたのだと思います。彼自身はいわゆる反日サヨクではなく、その当時の日本人の多くがそうであったのと同じように、典型的な自虐的なノンポリシーだったと考えられます。
蔵信芳樹 #JDnNQ3q6|2006/03/04(土) 15:50 [ 編集 ]
煬帝さん
 多分どちらも無理でしょうから、もう何もせずに交代していただきたいです。
百式 #-|2006/03/04(土) 17:27 [ 編集 ]
気持ちには賛成ですが さん
 短命政権は困りますが、とりあえず首相としてまともな歴史認識を発言していただく。
 これによって、必ず日本は良い方向に変わっていくと思います。
百式 #-|2006/03/04(土) 17:30 [ 編集 ]
かついちさん
 国際的な公式の保証は両国同意の上で終了してしまっています。 それすらも悔しいのですが 
 無い責任は負いようが無いと思います。
 昭和天皇も、東条首相も立派な方々でした。
百式 #-|2006/03/04(土) 17:35 [ 編集 ]
鵺娘 さん
 細川首相はまさにそのとおりだと思います。
 育ちも頭脳も段違いに違いますが、私もそういう面(陰を知らない)では同じでした。

 熊本県民には加藤清正公の方が人気があると思います。
百式 #-|2006/03/04(土) 17:44 [ 編集 ]
蔵信芳樹さん
 おそらく仰るようにノンポリだったのでしょうが、1国民ならば何の問題もありません。
 しかし総理大臣たるものはポリシーを持って、100年後を見据えた政策(国家戦略)を持つべきだと思います。
百式 #-|2006/03/04(土) 17:47 [ 編集 ]
百式さんが取り上げた小泉首相を含む3人のご発言は、歴史に関してまるで無知で、且つ将来に禍根を残す酷いものだと思います。
私の尊敬する渡部昇一先生がよく言われる言葉があります。

「無知の根源は歴史を知らないことにある」

この3人を始めとする政治家の方々の「無知」は、許されないものだと思います。

麻生外相は、私も真っ当な歴史認識を持たれている立派な方だと思います。
spiral #-|2006/03/04(土) 20:27 [ 編集 ]
spiral さん
 歴史教育って本当に重要ですね。
 工業高校出身なので、高校では歴史の授業など無かったです(笑)だから逆に良かったかも知れません。
 渡部昇一先生ですか、名前は知っていますが良くは存じませんので今度著書を読んでみますね。
百式 #-|2006/03/04(土) 21:11 [ 編集 ]
祖父の心、孫知らず
近衛文麿は、昭和20年2月14日天皇に提出した上奏文の中で、
「(略)つらつら思ふに、我国内外の情勢はいまや共産革命に向かって急速度に信仰しつゝありと存ぜられ候(略)」「(略)一部官僚及民間有志は意識的に共産革命にまで引きずらんとする意図を包含しおり、無知単純なる軍人これに躍らされたりと見て大過なしと存候。(略)彼等の背後に潜める意図を十分看取する能はざりしは、全く不明の致すところにして何としても申訳無之深く責任を感ずる次第に御座候」
と言ってゐる。(「大東亜戦争とスターリンの謀略-戦争と共産主義-」三田村武夫著 自由社刊より)
すなわち、「共産主義者の見えない糸に操られて戦争に引き摺り込まれた」と言っているのですが、このことを、細川護煕は御存じないようですね。

ところで、小生のテーマ、「中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち」は「その10」まで完結いたしました。
http://izariuo.blog32.fc2.com/
TB出来ませんのでコメントにてご案内申し上げます。
釣りキチおやじ #-|2006/03/04(土) 23:12 [ 編集 ]
自民党内の
と言うよりも、
左翼思想の強い政治家が蔓延していては・・・
せっかく麻生さんが総理になっても、
本当に短期政権になる可能性も否定できません。
総理になれば、『政権維持』も必要でしょうから。
政治家は国民の代表です。
国民の意識改革が必要と思われます。
歴史の勉強もしてない輩が政治家に選ばれること自体が、
間違いの始まりです。

PS 私も小泉さんに8月15日の参拝を願っています。
刀舟 #cMnBD31A|2006/03/05(日) 13:39 [ 編集 ]
釣りキチおやじ さん
 とりあえず一通りは目を通しました、後日じっくりと読ませていただきますが、中共は凄いですね・・・
百式 #-|2006/03/05(日) 22:15 [ 編集 ]
刀舟さん
 釣りキチおやじさんのエントリーを読んで思ったのですが、残念ながら自民党はもう中共に乗っ取られていると言えるかも知れません。
 自民党を改革するのが早いのか、新たな保守政党の発足が早いのか?
 極右評論の瀬戸さんの動きに期待しているところです。
百式 #-|2006/03/05(日) 22:20 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/60-5a25bd0f

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。