御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

中共の対日工作 

釣りキチおやじの言いたい放題の釣りキチおやじさんのエントリーなのですが、
中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その1中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その2中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その3中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その4中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その5中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その6中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その7中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その8中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その9中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち その10です。


 中国共産党の対日政治工作についてのエントリーです。
 戦後60年もの間「東京裁判は捏造裁判である」、「日本は侵略国家ではない」という有志の声がなぜ多くの国民の耳や魂に届かないのか?
 私は常々疑問に思っていたのですが、どうやら台湾と同じように我が日本のマスコミも中国共産党に牛耳られているようです。憂国の国士達の声は握りつぶされ、かき消されてきたのです。

 是非とも全てに目をとおしていただきたいのですが、私なりにかいつまんでご紹介します。

≪統括事項≫

1.派遣員数・身分・組員の出身
 本工作員の組員は、組長以下約2千名を以て組織する。大使館開設と同時に8百名、乃至1千名を派遣し、以後、漸増する。
 組長以下全員の公的身分は「大使館員」「新華社社員」「各紙特派員」「中国銀行員」「各種国営企業代表又は派遣員」「教員」の身分で赴任する。

2.経費
 本工作での必要経費は、全て中国銀行東京支店より支出される。中国銀行は、日本国内で華僑及び日本商社より吸収する資金中、銀行業務の維持に必要なる額を除き、残余は全額、本工作の為に支出する。
 華僑預金は、日本人民民主共和国成立後は、全額没収するものであるから、将来において預金者に返還することを考慮に入れておく必要はない。
 本工作組長は、常に中国銀行東京支店、党支部書記と密接に連絡し、資金運用の円滑を図らねばならない。


 1972年田中角栄・周恩来両首相による署名と日中共同声明により「日中国交正常化」と称される、中国との忌まわしい国交が始まったのですが、マスコミが言うところの「正常化」とは周知のとおり「土下座外交」のことなのです、後に出てきますがすでに籠絡されていたようですね。

 「土下座国交成立」から34年が経過しているわけですから、私の予想では4~5千人は中国共産党の工作員(スパイ)が日本国内に(大手を振って)潜入していると思われます。
 日本国内で要職についている中国人は、ほぼ中共の工作員だと思って良いのではないでしょうか。
 しかし、だからといって中国人排斥運動などをしてしまっては、アメリカや中国と同列になってしまいます。
 スパイ防止法を制定して、合法的に「工作員」を取り締まるべきでしょう。

≪基本戦略・任務・手段≫
1.基本戦略
 我が党は日本解放の当面の基本戦略は、日本が現在保有している国力の全てを、我が党の支配下に置き、我が党の世界解放戦に奉仕せしめることにある。

2.解放工作組の任務
 日本の平和解放は、左の三段階を経て達成する。
 イ.我が国との国交正常化(第一期工作の目標)
 ロ.民主連合政府の形成(第二期工作の目標)
 ハ.日本人民民主共和国の樹立・天皇を戦犯の首魁として処刑(第三期工作の目標)
  田中内閣の成立以降の日本解放第二期工作組の任務は、上の第ロ項、すなわち「民主連合政府の形成」の準備工作を完成することにある。

3.任務達成の手段
 本工作組の任務は、工作員が個別に対象者に接触して、所定の言動を、その対象者に行わしめることによって達成される。すなわち、工作者は最終行動者ではなく、隠れた使嗾者、見えざる指揮者であらねばならない。以下に示す要領は、すべて対象者になさしめる言動の原則を示すものである。
 本工作の成否は、終始、秘密を保持しうるかどうかにかかっている。


 改めて言うまでもないでしょうが「解放」とは「共産主義革命」であり「民主連合政府」とは、自民党(保守政党)を排除して、日本共産党を主軸とする左翼(社会主義者)政党の連立政権のことです。
 そしてそれは、日本共産党が最も望んでいることでもあります。

≪工作主点の行動要領≫

第1.群衆掌握の心理戦
 駐日大使館開設と同時になされなければならないのは、全日本人に中国への好感、親近感を抱かせるという、群衆掌握の心理戦である。好感、親近感を抱かせる目的は、我が党、我が国への警戒心を無意識の内に捨て去らせることにある。

1.展覧会・演劇・スポーツ
2.教育面での奉仕
A.中国語学習センターの開設
 全国都道府県の主要都市の全てに中国語学習センターを開設し、教師を無報酬で派遣する。教師は、1名派遣の場合は女性教師、複数の場合は男、女半々とし、全て20歳代の工作員を派遣する。受講者資格は、もとより無制限とし、学費は無料又は極めて小額とする。
B.大学への中国人中国語教師派遣の申し入れ
C.委員会開設
 「中日文化交流協会」を拡充し、中日民間人の組織する「日中文化教育体育交流委員会」を開設して実施せしめ、我が大使館は、これを正式に支援する方式をとる。なお、本綱の全ての項目は、初期においては、純然たる奉仕に終始し、いささかも政治工作、思想工作、宣伝工作、組織工作を行ってはならない。


 思い当たる節は有りませんか?「デパートでの大中国展」「市民会館での中国雑伎団・中国武術ショー」etc

第2.マスコミ工作
 大衆の中から自然発生的に沸き上がってきた声を世論と呼んだのは、遠い昔のことである。次の時代には、新聞、雑誌が世論を作った。今日では、新聞、雑誌を含め所謂「マスコミ」は、世論造成の不可欠の道具に過ぎない。マスコミを支配する集団の意思が世論を作り上げるのである。
 偉大なる毛主席は「およそ政権を転覆しようとするものは、必ずまず世論を作り上げ、先ずイデオロギー面の活動を行う」と教えている。田中内閣成立までの日本解放(第一期)工作組は、事実でこの教えの正しさを証明した。
 日本の保守反動政府を幾重にも包囲して、我が国との国交正常化への道へと追い込んだのは日本のマスコミではない。日本のマスコミを支配下に置いた我が党の鉄の意志とたゆまざる不断の工作とが、これを生んだのである。
1.新聞・雑誌
A.接触線の拡大
 新聞については、第一期工作組が設定した「三大紙」に重点を置く接触線を堅持強化すると共に、残余の中央紙及び地方紙と接触線を拡大する。
 雑誌、特に週刊誌については、過去の工作は極めて不十分であったことを反省し、十分な人員、経費を投入して掌握下に置かねばならない。接触対象の選定は「10人の記者よりは、1人の編集責任者を獲得せよ」との原則を守り、編集を主対象とする。


やっぱりな!という感じです。
 三大紙とは、「朝日新聞」「毎日新聞」「読売新聞」のことですね。読売新聞はまだ完全に中共の手に落ちてはいないのでしょうが、「朝日新聞」「毎日新聞」がなぜ捏造記事を垂れ流すのか?

 これで理由がはっきりしたようです。「朝日新聞」「毎日新聞」は中国共産党のプロパガンダ新聞に成り下っています。
 これに対抗するには、やはり「不買運動」でしょうか・・

2.テレビとラジオ
A.これらは、資本主義国においては「娯楽」であって、政府の人民に対する意志伝達の媒介体ではない。この点に特に留意し、「娯楽」として利用することを主点とすべきである。具体的な方向を示せば、「性の解放」を高らかに謳い上げる劇又は映画、本能を剌激する音楽、歌謡等は望ましい反面、スポーツに名を借りた「根性もの」と称される劇、映画、動画、または歴史劇、映画、歌謡並びに「ふるさとの歌祭り」等の郷土愛、民族一体感を呼び醒ますものは好ましくない。前者をより多く、後者をより少なく取り上げさせるよう誘導せねばならない。

B.テレビのニュース速報、実況報道の利用価値は極めて高い。画面は真実を伝えるものではなく、作るものである。目的意識を持って画面を構成せねばならない。
D.一般娯楽面の出版については「デンマークの進歩を見習え」として、出版界における「性の解放」を大々的に主張せしむべきで、春画、春本の氾濫は望ましい。


 警察・自衛隊・教員等の社会的に聖職とされる人々が絡む事件を、故意に捏造してまで悪者に仕立て上げる報道も多かったように思います。

 そして、日教組もジェンダーフリー教育で推進している「性の解放」です。
 本能を直接過剰に刺激し「愚民化」する政策ですから、我々成人男性が乗せられては話しになりません。

 女性の露出を多用する下品な番組のプロデューサー等も調べる価値がありそうですし、
 過激なアダルトビデオの氾濫にも裏があるのではないでしょうか?

4.対自民党工作
A.基本方針
 自民党を解体し、多数の小党に分裂せしめる。
 自民党より、衆議院では60名前後、参議院では10余名を脱党せしめて、連合政府を樹立するというが如き、小策を取ってはならないことは先に述べた所であるが、右派、左派の二党に分裂せしめることも好ましくない。これは、一握りの反動右翼分子が民族派戦線結成の拠点として、右派自民党を利用する可能性が強いからである。
 従って、多数の小党に分裂する如く工作を進めねばならず、又表面的には思想、政策の不一致を口実としつつも、実質的には権力欲、利害による分裂であることが望ましく、少なくとも大衆の目にはそう見られるよう工作すべきである。

B.手段 
① 自民党内派閥の対立を激化せしめる。
 自民党総裁選挙時における派閥の権力闘争は常に見られる現象で、通常は総選挙を経て若干緩和され、一つの党として受けて曲りなりにも保持していく。今回はそれを許してならない。田中派と福田派の対立の継続と激化、田中派と大平派、三木派、三派の離間、中間五派の不満感の扇動等を主点として、第一期工作組は工作を展開中である。総選挙後、若干の変動があっても、派閥の対立を激化せしむるという工作の原則は変わらない。

② 派閥対立を激化せしめる最も有効な方法は、党内の非主流派となって政治活動資金の調達に困難を生じている各派に個別に十分な政治資金を与えることである。政治献金は合法であり、これを拒む政治家はいない。問題は方法のみであり、工作員からAへ、AからBへ、BからCへ、CからDへ、Dから議員又は団体という如く間接的に行うのは言う迄もない。

③ 先に述べた議員個人の掌握は、それ自体が連合政府樹立の有効な手段となるが、派閥対立激化についても活用するのはもとよりである。


 腐りかけているとはいえ、やはり中国共産党が最も恐れるのは最も多数の保守派議員が在籍する自民党のようです。それだけに中共の工作員となりはてた議員もいますが、他の政党よりはましです。

 自民党の皆さん!一般市民から「腐りかけ」とか「まし」と言われる現実に怒りをもって下さいね。
 各議員は最も崇高な使命を持った聖職者であるべきです。
 くれぐれも本来の使命を忘れて「金銭欲」や「権力欲」に踊らされることがないようにお願いいたします。日本国民が真実に気付いたときに慌てても手遅れになりますよ。
 隠蔽するような馬鹿なまねはやめましょうね、更に墓穴を大きくするだけですよ。
 子供(学生)じゃないのだから、腐った議員は排除すべきです。

第4.極右極左団体工作
1.対極右団体工作
 我が党は日本解放、日本人民共和国樹立工作を進めるに当たって、日本の極右団体に対する対策は必要であるか。 必要だとすればいかなる対策をたてて工作を進めるべきか。
 第一に認識しなければならない彼我の関係は、彼等は利用し得べき中間層に属するものではなく、水火相容れざる敵であることである。では、彼等の現有勢力はどうか? 東京における極右団体数は約180余。シンパも含めて人数は約40万、全国には1人1党的なものも含めれば約800団体、総数100万未満で問題にするには足りない。
 世論の動向はどうか? 我が方は、いち早く「マスコミ」を掌握して、我に有利なる世論作りに成功した。
 敗戦日本を米帝が独占占領したことは悪質極まる罪悪であるが、米帝が日本の教育理念、制度を徹底的に破壊し、国家・民族を口にすることが、あの悲惨な敗戦を齎した軍国主義に直結するものであると教育せしめたことは、高く評価されねばならない


 中共(極左)から見れば保守は「極右」になるようですが(笑)、中共の誤算はこのインターネットの急速な普及でしょう。無視できない存在になっているはずですよね。
 保守系ブログのコメントに「普通の一般市民」とか「普通の主婦」と称して意欲をそぐような書き込みを見かけるのですが、あれは新手のプロ行為ですか?

 アメリカが占領中に日本に対して行った「WGIP」(ウォーギルドインフォメーションプログラム)つまり一言で言うと、「東京裁判史観による贖罪意識洗脳教育」なのですが、利害が一致しているので中共も絶賛していますね・・

 私が訴え続けている「現日本の諸悪の根源は、戦勝国の非道な行為を隠蔽するために捏造された東京裁判である」ということが理解していただけるでしょうか。

 最初に「WGIP」による洗脳教育を行ったアメリカ人の中にも、ソ連共産党や中国共産党の台頭により、日本に対して誤った洗脳教育をしたことに気付いた人も多いようですが「東京裁判」の否定は「連合国の悪事をばらす」ことになりますから多くは期待できません。

 現在、洗脳が解けないように必死にスクラムを組んでいるのは「中国共産党・両朝鮮・日本共産党を筆頭とする左翼政党・極左暴力集団」そして中共の手足となった反日マスコミ、更に金や己の怠惰のために活動する日教組・全教・部落解放同盟等の人権団体・本体を隠したプロ市民etc
 
 数は沢山いるのですが所詮は烏合の衆です。
 彼らには「真の志」などあろうはずがありません。

 私が彼らに対抗できるのは、中共が嫌う「地道な努力・不屈の根性」だけです。
 これを考えて書く(打つ)のにも数時間を要してしまうのですが、決して無駄にはならないと信じています!

 「スパイ防止法」を制定すればかなりの工作(スパイ)活動が抑制できると思うのですがいかがでしょうか?
 おそらく「スパイ防止法」に反対する組織が「反日活動組織」です。
 リトマス試験紙になりますよね。

 それから情報省のような国家規模の情報専門組織が必要だと思います。
 戦争を回避したければ、一番重要なのは正確迅速な情報です。
 CIAのような謀略をする必要はありませんが、もしもアメリカが情報を封鎖したら日本は盲目も同然です。これで独立国と言えるのでしょうか?
 チャイナスクールを見れば解るように外務省はあてにならないし、そもそも目的が違うので兼務は不可能です。
 防衛庁の情報組織は目的が限定される上にアメリカ異存型(規模が小さい)ですし、内閣情報調査室も同じく規模が小さすぎます。

 大東亜戦争の敗因の1つは(当時は仕方がなかったのですが)正確な情報が少なすぎた事にあります。日ソ不可侵条約を信用して参戦間近のソ連に、講和の仲介を依頼するという悲劇がおきたのも情報が無かったからです。

 本当に国を守りたければ、正確迅速かつ広範多岐な情報と防衛力は不可欠なのです。

 中共工作を排除しよう!と思う方は
クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2006/03/09 23:17|東京裁判TB:5CM:18
コメント
対日工作の全貌
TBありがとうございました。この度は大変な力作というか、憂国のエネルギーを感じました。共に頑張りましょう。
これを見ると如何に日本が危機に瀕しているか、それを見て愕然としてしまいます。ネットによって覚醒していかねばなりませんね。
極右評論管理者 #-|2006/03/10(金) 09:02 [ 編集 ]
一首献上!
白黒の 熊が見たいと 泣きし日の
幼き自分 歯がゆく思う

当時はパンダの意味なんて考えず他の子と同じ事をねだりました。ごめんなさい!
鵺娘 #/9u.keZw|2006/03/10(金) 09:08 [ 編集 ]
極右評論管理者さん
 調べれば調べるほど、知れば知るほど日本の現状が恐ろしくなります。
 脱力感と再奮起の繰り返しなのですが、頑張っていこうと思いますので、今後ともよろしく御願いします。
百式 #-|2006/03/10(金) 09:38 [ 編集 ]
鵺娘 さん
 いえいえ、とんでもありません。
 実物は見たこと有りませんが、私は小学生の頃ぬいぐるみを持っていましたし、パンダ自身にも政治的意図はなかったでしょう(笑)

 それに、私が嫌っているのは中国人や中国文化ではなく中国共産党や日本共産党の共産主義(暴力革命)思想ですよ。
百式 #-|2006/03/10(金) 09:54 [ 編集 ]
スパイ防止法制定の署名
http://heart.jinkenhou.com/signature/index.html
ここで鳥取人権条例反対のネット署名がありますが、
スパイ防止法の迅速なる制定の署名も用意していただきたいです。
法大生 #-|2006/03/10(金) 11:21 [ 編集 ]
たれぱんだも中共の工作員ということか…  おのれっ!!たれぱんだめっっっ!!

最近のテレビの過激な性の表現に関しては疑問をもっておりましたが、謎がやっと解けました。
本当に日本は大病に冒されているようですね。日本のために頑張りましょう!!
緒川 #-|2006/03/11(土) 22:41 [ 編集 ]
帰ってから読んで下さい!
 ひさかたの 子はまたデカク なりにけり やがて我が身を 超える喜び

こんな気持ちではありませんでしたか?私は小4の時にはもう母よりも大きかったけれどそれを喜んでくれる親ではありませんでした。あえてデカクという表現を使って見ました。
鵺娘 #/9u.keZw|2006/03/12(日) 07:31 [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
#|2006/03/12(日) 23:34 [ 編集 ]
気合の入った
記事ですね。

WGIPですが、アメリカが思った以上に日本にはよく浸透したようですね。
結果、アメリカが最も嫌う共産主義にまで発展しそうだったので、
アメリカは色々なイメージ戦略を画策した。
アメリカの自由でよいイメージを植えつけたわけです。
そのイメージを見事に植えつけられたのが私です。(笑)

ところで、情報戦は重要ですね。
アメリカに依存し過ぎてます。
“スパイ防止法”、自ブログでも何回か書いていますが、
大賛成です。
早急に作る必要があると思います。
刀舟 #cMnBD31A|2006/03/13(月) 17:08 [ 編集 ]
解放?
強姦国の文化には見るべきものがないが、死那のほうは、三国志が一番好きです。
ところで、死那共産党の解放って何? どうもソ連映画の「ヨーロッパの解放」の類じゃないでしょうか。でっち上げの解放による共産主義の押し売りに過ぎません。ソ連の場合も、たいていの国に対してはファシズムからの解放と言うもっともらしい名分はありましたが、少なくともポーランドに限ってはそんな名分すらない、紛れもない侵略でしかありません。
DUCE #-|2006/03/14(火) 21:52 [ 編集 ]
法大生さん
 そうですね、「スパイ防止法の迅速なる制定の署名署名サイト」があると良いですね。誰か作ってくれないですかね?
 一応研究してはみますが・・・
百式 #-|2006/03/14(火) 22:25 [ 編集 ]
緒川さん
えっ、いや・・「たれぱんだ」はどうでしょう(笑)
はい、微力ながら「日本のため」と信じて頑張ります!
百式 #-|2006/03/14(火) 22:28 [ 編集 ]
鵺娘さん
 2ヶ月ぶりに会った息子達は、それぞれに成長をしていましたよ。
 身長も能力も「経験以外」は、早く超えて欲しいと思っています。
 トランプの神経衰弱では、すでに長男坊に負けちゃいましたがね(笑)
百式 #-|2006/03/14(火) 22:33 [ 編集 ]
刀舟さん
 実は私も50's(オールディーズ)はいまだに大好きです(笑)
 良くも悪くも、一度植わったイメージはなかなか変えられません・・

 日本ももっと国際社会に良いイメージをアピールして欲しいですね。
百式 #-|2006/03/14(火) 22:38 [ 編集 ]
DUCEさん
 ソ連も中国も日本も共産党が使う「解放」の意味は、暴力による共産主義革命のことですから絶対に許してはいけません。
百式 #-|2006/03/14(火) 22:40 [ 編集 ]
帰って
来られたようですね。

次の更新を楽しみにしてます。
頑張って下さい。
刀舟 #cMnBD31A|2006/03/15(水) 00:06 [ 編集 ]
刀舟さん
 次のタイトルはまだ考えていないのですが(笑)

 有り難うございます。頑張ります!
百式 #-|2006/03/15(水) 07:14 [ 編集 ]
神経衰弱では負けた事がありません

 とらんぷの 札のすべてを 憶えらる 生きる為には 役立たぬ技

それなりに応用しているつもりですが・・・
鵺娘 #/9u.keZw|2006/03/16(木) 08:14 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
麻生外相へ 『マスコミの謀略にご用心』 
 先日、北京で行われた東シナ海ガス田問題を話し合う日中局長級協議。中国側から出された酷い提案によって協議は不調に終わり、日本では中国の態度に対する大きな反発が巻き起こりま  
やじざむらい的日々雑感 2006/03/10(金) 19:11
日本解放綱領~中国の対日工作 
 中国は、極秘の対日政治工作計画を立て、30年以上にわたって、工作活動をしている。そう思われる文書が、昭和40年代から伝えられている。『日本解放綱領』という。  この文書は、昭和47年に国民新聞社が発行した後、長く忘れられた文書のようになっていた。国民新  
ほそかわ・かずひこの BLOG 2006/03/10(金) 20:14
そして天安門の国について 
 さて、釣りキチおやじさんのブログで≪中国の「対日政治工作」と、その操り人形たち  
よのなかクロマトグラフィー 2006/03/10(金) 22:55
山崎行太郎先生さるさる日記追跡 
山崎先生のブログがランキング登録解除されたみたいですので、今後はさるさる日記の方を追跡してみます。  
三輪のレッドアラート 2006/03/11(土) 22:06
日中合作には本当にシナリオが存在するのか? 
「富田メモ」というのは,左右問わず政治に少しでもコミットしているネット住人には...  
もののふのこころ 2006/07/26(水) 14:11
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/63-0acdb660

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。