御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

731部隊は共産党が? 

 借りていた本の返却日が今日だったので、こちらを先にアップします。

 高校生の頃(勉強は嫌いでしたが本を読むのは好きでした)学校の図書館で、森村誠一が書いた「悪魔の飽食」を読んだときは衝撃を受けました。

 なんという極悪非道なことをしたんだ!許せない!というのが当時の感想です。

 月日は流れ近代史を書籍やネットで勉強するようになってからも、731部隊に関する情報はなかなか見つかりませんでしたが、職場の図書館で「731」青木冨貴子著 新潮社 という本を発見したので早速読んでみました。

 特筆すべき所は「まず結論ありき」で出発しているところです。

 「731部隊は細菌戦や人体実験をした」だからその証拠を探すというスタンスです。
 ハルピンでの取材時に「細菌戦裁判」の原告代表中国人に通訳を依頼していることからも明らかでしょう。 
 森村誠一の「悪魔の飽食」のような捏造本ではないのですが、それだけに曖昧模糊としており私が読んだ限りでは「731部隊は細菌戦や人体実験をした」ことを証明できる証拠になりえる事実は書いてありませんでした。

 著者は、新しい発見として石井軍医中将が書いたという「1945終戦当時メモ」を引用しているのですが、読めない字や暗号が多いらしくほとんどが想像で書いてありますし、証拠としてあげている投書はほとんどが人物を特定できません。証言もソ連の捕虜となり1年が経過した後にソ連が発表したものですから洗脳教育や拷問の可能性も高いように思います。

 今回の読書で最も収穫だった当時の報道を引用します。

 TOKYO(UP)
 日本共産党の指導者がユナイテッド・プレスに伝えたところによると、日本の医療部隊は満州のハルピンや奉天で、アメリカ人や中国人捕虜に線ペスト菌の接種を行う細菌戦実験を行った。
 日本共産党機関誌「アカハタ」編集長の志賀義雄は、ソ連部隊がハルピン付近まで近づいたとき、この細菌戦施設は、実験の証拠を隠すために日本軍の飛行機によって爆撃されたと主張した。
 ハルピンや奉天で人間のモルモット実験を指揮したのは、日本医療部隊の中将で、ハルピンにあった石井機関の責任者である石井四郎博士だと共産党ソースは明らかにした


 というものです。
 これを堂々と引用する著者の感覚が解らないのですが、日本共産党の志賀義雄という人は当時の日本共産党(超過激組織)のトップとも言える人ですから1945年の9月頃まで監獄に入っていたのですが、ずいぶん詳しく(見てきたように)書いているようです。
 他の日本共産党員もほとんど逮捕されていたはずですが、どこからの情報なのでしょうか?
 一番考えられるのは中国共産党かソ連共産党からの情報ですよね。

 それをプロパガンダと呼ぶのですよ。

 当時の満州や支那には伝染病が蔓延しており病死する兵士が多かったので、細菌の研究は当然していたと思います。そして少しくらいは捕虜を使った人体実験もしたのではないかと思っていたのですが、日本共産党の志賀義雄がニュースソースという記事を見たのでこれも南京大虐殺レベルの捏造なのではないかと思えてきました。

 コミンテルン(世界共産党)の謀略が疑わしいと思う方は
クリック御願いします!

スポンサーサイト
 
2006/03/23 11:54|共産党TB:2CM:10
コメント
731部隊
について、
新華社は『少なくとも27万人の中国人が細菌戦で死亡』
と報じています。
人民解放軍軍事医学科学院の調査結果だそうです。
しかし、常石敬一さん(神奈川大教授)によると、
『犠牲者数は多くとも千人程度』だそうです。
これまた明らかに中共のプロパガンダです。
そんな話を鵜呑みに出来る筈もありません。
刀舟 #cMnBD31A|2006/03/23(木) 12:28 [ 編集 ]
一首献上!
川渡り 友と再会 した時に
恥かしくなき 日本作らん

春と秋に靖国神社の傍で開かれる軍歌のコンサート会場で知りあった老人の話を聞いて作りました。川とは三途の川です。「生き残った俺達が日本を駄目にしたら若くして死んだ奴らとは同じ所に行けない」とも言っていました。

左翼の説では帝銀事件の真犯人は731の生き残りという事になっています。

反響があった場合にお答えしたいので私の事を紹介するなら旅行中は避けて下さい。
鵺娘 #/9u.keZw|2006/03/23(木) 14:04 [ 編集 ]
刀舟さん
 731部隊についてはネットでは左派の情報ばかりなので困ります。
 南京問題のように「まともな学者さん」が検証した本を読んでみたいです。
百式 #-|2006/03/23(木) 15:41 [ 編集 ]
鵺娘さん
 大東亜戦争の生き残りの方々は、本当に悔しい思いをしてきたと思います。(少しでも力になれると良いのですが)

 虐め娘達の件は、私の能力的な問題があり、時間がかかるのでゆっくり旅行をしても大丈夫ですよ。
百式 #-|2006/03/23(木) 15:49 [ 編集 ]
乱入ご容赦願い奉り候
お邪魔します。
他ブログでのコメントを拝見し、
時々寄らせて頂きたいと思い、挨拶に参りました。
恥ずかしながら、小生の脳が洗脳から解かれ、
「正道」に戻った(と思っています)のは、ほんのここ十数年の事。
正に、にっくき「日凶礎」と「増塵」です。
しかし、ここに目覚めて依頼「憎さ100倍」。
過ぎたるは及ばざるが如しと言いますので、
逐次ここに寄らせて頂き「正道」への修正を致したいと思った次第です。
お邪魔で無ければ、今後ともご指導の程よろしくお願いします。
突然の乱入、ご無礼お許し頂ければ幸いです。
tono #vFsRzAws|2006/03/23(木) 18:03 [ 編集 ]
tonoさん
 コメント有り難うございます。
 私は世の中の左傾に気付いてからまだ4~5年です。
 今後もよろしく御願いいたします。
百式 #-|2006/03/23(木) 18:14 [ 編集 ]
この問題はやはり常石敬一教授が一番の権威ではないでしょうか。

薬害エイズで問題になった製薬会社の旧「ミドリ十字」の創設者は731部隊の関係者だそうです。

「帝銀事件」の容疑者候補には陸軍の兵器行政本部第九研究所(通称登戸研究所)の関係者も疑われています。

因みに、ケン・アリベック「生物兵器」ではスターリングラードでソ連軍が細菌兵器を使用したのでは、と書かれていたと記憶しています。
煬帝 #AVNby.KY|2006/03/23(木) 22:19 [ 編集 ]
煬帝さん
 情報を有り難うございました。

 731部隊に関しては、引き続き勉強します。
百式 #-|2006/03/24(金) 00:04 [ 編集 ]
黒い太陽731
残虐映画「黒い太陽731」を教材にして生徒に見せたと
いう先生がいるらしいですが、(「黒い太陽731で検索
すると出てくる」)その生徒が「先生は私たちに
大切な事(昔日本はアジアにひどい事をした)を教えてくれ
た」という電波なコメントを見かけました。


ネットに触れる前の私だったら「日本人として恥ずかしい」
と自虐精神に悩まされると思います
あき #Lh8arD1g|2006/03/24(金) 22:53 [ 編集 ]
あきさん
 「黒い太陽731」は私も見ました。
 最近だったので笑いながら見られたのですが、虚偽を知らない子供に見せる教員がいるのは許せませんね。
百式 #-|2006/03/24(金) 23:21 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
二階経産相へ 国に対する誠はあるか 
まず、太郎ちゃんのおじいさん、吉田茂の訓示を 外交は命がけの男子一生の大仕事であ...  
Let's Blow! 毒吐き@てっく 2006/03/24(金) 01:33
施行する気満々の鳥取県人権条例 
鳥取県の人権救済条例が無期限停止されたようです。しかし・・・J( 'ー`)し「しかし、何?」('A`)「記事の下から2番目をお読みください」--------------転載---  
あきログ 2006/03/24(金) 23:00
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/71-d1ca8af5

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。