御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

日本人である誇りをもとう! 

Let's Blow! 毒吐き@テックさんの旧宮家復籍キャンペーンフラッシュについて
 9月の自民党総裁選は誰を応援しますか?の投票を御願いします。
(30日以内の連投はできません)


 本日は、反日教員が学校では教えない日本の近代史について簡潔にまとめました。

 日本は、戦国時代を経た江戸時代には300年の長きにわたり内戦の無い平和な時を過ごしてきましたが、これは世界的に見ても希有なことです。

 しかし、1853年(嘉永6年)にペリーが率いる黒船来航により、西欧列強の強大な軍事力を目の当たりにした我が先祖達は、平和ボケに危機を感じた維新の志士達が立ち上がりました。
 そして、内戦(戊辰戦争)はおきたけれど、権力にしがみつくのを潔しとしない第15代将軍徳川慶喜の英断(江戸無血開城)により、大政奉還→王政復古→明治維新となりました。
 その後徳川慶喜は、公爵として大正時代まで天寿を全うしたのですが、これも世界的に希有なことであり、易姓革命により前王朝の血族を根絶やしにする支那では到底考えられないことです。

 明治時代になり、欧米列強に追いつくべく富国強兵に邁進した我が日本は、僅か数十年で国力を増進し1894年(明治27年)日清戦争、1904年(明治37年)日露戦争と、共に自存自衛のための戦争に勝利を収めました。

 1937年(昭和12)中共の謀略である盧溝橋事件に端を発する支那事変により、蒋介石率いる国民党軍毛沢東率いる中国共産党軍による国共内戦に引きずり込まれてしまいました。
 謀略を仕掛けてきた中国共産党軍は、精強関東軍と戦うことすらせずに隠れ潜み国民党軍は敗走を重ね、あろう事か首都南京すらも放り出し、支那人民を置き去りにして逃げたのです

 当然南京城を制圧したのですが、中支那方面軍司令官の松井石根大将は、混乱を避けるために一部の精強部隊(軍規厳しい)以外は南京城に入城することすら許さなかったそうです。

 文化大革命で7000万人の中国人民を死に追いやった中国共産党が言うところの南京事件とはこの時のことで、軍服を平服に着替えて民間人に紛れ込み、後ろから撃つ卑怯な便衣兵を討伐したものです。

 1941年(昭和16年)に宣戦布告した大東亜戦争は、(長くなるので今回は大東亜戦争への経緯や流れは割愛します)資源の輸入を絶たれ四面楚歌に追い込まれた日本が、欧米列強に植民地化されたアジア諸国と共に立ち上がろうと大東亜共栄圏を掲げた自存自衛の戦争です。

 1945年(昭和20年)8月15日ポツダム宣言受諾による帝国陸海軍の無条件降伏(日本政府は条件付き降伏)により敗戦が決定しました。
 日本に対して宣戦布告した国はたくさんありますが、
日本が唯一負けたのは超大国アメリカだけです。
 現存する国で、これ程の国力と人材と気概をもった国が他にあるでしょうか?

 戦争は可能な限り避けなければなりません。
 だからこそ正しい歴史を知るべきではないでしょうか。

 我々の先祖は世界に誇れます。
 その恩に報いるためにも、我々日本人はWGIP中韓の妄言による呪縛を断ち切らねばなりません。

 憲法にも教育基本法にも、先祖から受け継いだ「国を愛する心」を明記すべし!

 日本の戦後はこれからです!

 日本を良くしたい!と思う方は
クリック御願いします!
スポンサーサイト
 
2006/04/07 13:41|愛国TB:0CM:13
コメント
正しい歴史を知ることは
非常に重要です。
そうでなければ、
ご先祖様の顔に泥を塗ることになります。
未来の子供たちに誇りを持たせることなどできません。
それを教えない国なんて話しになりません。
教えない人たちは、
教えると都合が悪いから教えないのでしょう。
ふざけた時代でしたね。
刀舟 #cMnBD31A|2006/04/07(金) 14:21 [ 編集 ]
日の丸
歴史と共に、その中に生きてきた人たちを伝える事も重要ですね。
それと、感謝の気持ちも。

私事で申し訳無いのですが、
父は大正15年生です。
16才で志願し帝國海軍に入りました。
まだ健在です。
尊敬しておりますが、人間寿命があります。

葬式の場面を想像したときに、
海軍での船上水葬では、日の丸にご遺体を包みます。
私は、棺に日の丸を掛けて送ってやりたい。
しかし、
火葬では日の丸も燃やすことになります。
棺の中に入れても同じ事。
これは、許されない事でしょうか?
いい年しての無知をお許し頂き、
ご教授頂ければと思います。
tono #vFsRzAws|2006/04/07(金) 14:32 [ 編集 ]
刀舟さん
 誇りを持てない子供に、明るい未来が有ろうはずがありません。
 解れば解るほど、本当に信じられないほどふざけた時代でしたね。
百式 #-|2006/04/07(金) 14:43 [ 編集 ]
tonoさん
 「一個人としての見解です」

 すばらしい発案だと思います。

 隊旗や公式な組織が保有する国旗は別でしょうが、某国民とは燃やす意味が全く違いますし、国旗は国を愛する国民1人に1つづつと思っても良いのではないでしょうか。

 私も国旗と共に胸を張って、川を渡りたいと思います。
百式 #-|2006/04/07(金) 15:00 [ 編集 ]
一首献上!
神の国 夷てき犯さる その日から 誇りの為に 戦う武士(もののふ)

すみません。てきの字が手書きパットでも出ません。獣偏に火です。そもそもペリーが日本を開国させたのは捕鯨の為の燃料補給の基地にする為でしょう?それが今になってレピ記の11章に「海の中に住む鱗のない生き物は食べてはいけない」と書いてあるからと言って捕鯨に反対するのは本末転倒です。
ところが私の場合、歴史の時間には「黒船は遅れている日本を目覚めさせてやったのだ!」と言う教え方をされました。私がそういうとある人権派の方は「貴女の学校が特別だっただけで他所では皆、違う!」と断言しました。だからと言ってその人はすべての学校にアンケートを取った訳ではないのですよ!人権派の人は何故、憶測を断定形で言うのでしょう?
鵺娘 #/9u.keZw|2006/04/07(金) 17:44 [ 編集 ]
鵺娘さん
 いつも思うのですが、人権派の人ってほんとに不思議な思考回路をしているのですね。
 というよりも、回路など無く自分の意見しか認めないのでしょう。
百式 #-|2006/04/07(金) 21:29 [ 編集 ]
文中の「西南戦争」は「戊辰戦争」では?

昭和20年5月~8月は事実上日本一国で米・英・中・蘇ほか世界中の
国と戦ってたことになります。

こんな国は史上稀に見るようなものでしょう。

政治家や大本営は無能だったけれど第一線の兵士たちの勇敢さ、強靭さは素晴らしかった。

そういうことから眼を逸らさせようと画策してきたのが「進歩的(何処が?)」な方々です。
もう消えて欲しい。
煬帝 #AVNby.KY|2006/04/07(金) 22:02 [ 編集 ]
はじめまして。日本を良くしたいという思いから、最近ブログを始めた者です。
東條英機氏の名誉回復につながる週間新潮の記事をもとにした駄文にてトラックバックを送信致しましたが、失敗したためこちらよりお邪魔しました。
今後ともよろしくお願い致します。
日々是桜 #-|2006/04/07(金) 22:49 [ 編集 ]
煬帝さん
 馬鹿がばれちゃいましたね・・・

 有り難うございました!またよろしく御願いします。
百式 #-|2006/04/07(金) 23:22 [ 編集 ]
日々是桜さん
 コメント有り難うございます。
 こちらこそ、よろしく御願いします。
百式 #-|2006/04/07(金) 23:24 [ 編集 ]
はじめまして、百式さん。
北斗くん?(ちゃん)?かわいいですねww!!
「まだだ、まだ終わらんよ!!!」
の百式さんですか?
間違ってたらすいません(笑)
素敵なブログですね!!
これからも影ながら応援させて頂きます。
正成 #-|2006/04/08(土) 00:24 [ 編集 ]
正成さん
 隠れガンダムです(笑)
 なんとなくつけたHNなのですが、今更変えられなくなってしまいました。
 北斗は、九州の自宅(私は単身赴任)にいるチンチラシルバー(雄)です。
 またよろしく御願いします。
百式 #-|2006/04/08(土) 11:22 [ 編集 ]
tonoさん
同じ日の丸を燃やすことでも、その意味は全然違うと思うのです。祖国のために戦い生きてきて、国に殉ずる志は今の日本人が等しく見習わなければならないことだと思います。
こういう私も以前は、国旗を自分のところにかかげることを恥ずかしいことで、やってはいけないことだと教わりました。でも、学校で教わることと、オリンピックやさまざまな世界の舞台での日の丸の扱いが全然違うのにはとても違和感がありました。今まで教わってきたことがいかに間違っていたかを教えてくれたのは、こういう真性保守のブログに出会ってからです。考え方はその時々によっていろいろ変化しますが、変わってはいけないのは、自分は日本国の日本人であり、他の国の属国民ではないということだと思うことだと思います。
かついち #JalddpaA|2006/04/08(土) 18:15 [ 編集 ]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://hokutomamanopapa.blog38.fc2.com/tb.php/83-29785679

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。