御先祖と私達と子供達の未来のために、より良い日本を目指します!

子供達の未来

紺碧の空高くひるがえる日章旗 

紺碧の空高く

 

プロフィール 

こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

Author:こいつは自宅にいる「北斗」。俺は単身を解消した2児の父「百式」です。

クリック御願いします!

 

優良フラッシュ 

沢山の方々に、是非とも見ていただきたいです。

 

最近の記事 

 

最近のコメント 

 

最近のトラックバック 

 

月別アーカイブ 

 

カテゴリー 

 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
--/--/-- --:--|スポンサー広告

読売新聞を見直した! 

 一時期はしんぶん朝日並みに落ちぶれていた読売新聞が立ち直りつつあるようです。
 YOMIURI 慰安婦決議 米議会の「誤解」の根元を絶て

 いわゆる従軍慰安婦をめぐる対日決議案が米下院外交委員会で採択された。全くの事実誤認に基づく決議である

 日本政府は、将来に禍根を残さないよう、米側の誤解をときほぐし、当面、本会議での採択阻止に努めなければならない。

 決議案は日本政府に対し、「日本の軍隊が若い女性を強制的に性的奴隷化」したことへの歴史的責任を認め、謝罪せよと言う。「慰安婦制度は20世紀最大の人身売買事案の一つ」と表現している。

 事実をきちんと確かめることもせず、低水準のレトリックに終始した決議案だ。米議会人の見識を疑わせる。

 安倍首相は4月、米大統領や議会首脳らとの会談で、元慰安婦への「心からの同情」と「申し訳ない思い」を表明した。「20世紀は人権侵害の多い世紀で、日本も無関係でなかった」とも述べた。
 だが、こうした首相の発言も、決議案の採択見送りにつながらなかった。
 米議会で採択される数多くの決議の一つにすぎない。法的な拘束力もない。従って、重く受け止める必要はない、という指摘もある。

 これは間違っている。反論することを控えれば、この誤った「歴史」を独り歩きさせるだけだろう。

 戦前、親やブローカーの手で、自らの意思に反して、慰安婦にさせられた女性は多数いた。しかし、これと、日本軍による、いわゆる「強制連行」とは、明らかに意味が違う。

 「軍や官憲による強制連行」を直接示す資料は、これまでの調査で何も見つかっていない。政府は、今年3月の答弁書でも、この点を明確にしている。

 一体、対日決議案は、何を論拠にしているのか。大きな拠(よ)り所とされているのが、1993年に出された河野官房長官談話だ。そこには「官憲等が直接加担した」などと、「強制連行」があったと誤って受け止められる記述がある。

 当時、慰安婦問題での韓国側の圧力をかわすために考えられた政治的文言が、その後、誤解を広げた根元にある。

 安倍首相は、「河野談話」を継承すると言う。外交的配慮からだろうが、その立場をとる限り、「強制連行」という誤解は消えない。談話に誤りがあるなら、見直しを躊躇(ちゅうちょ)するべきではない。

 麻生外相は3月、決議案をめぐる動きについて、「日米を離間させる工作」と指摘した。背後で、中国・韓国系の反日団体などが影響力をふるっている。

 このままでは、謝罪要求が繰り返されることになりかねない。筋道を立てて歴史の事実を明らかにしていくべきだ。
(2007年6月28日1時46分 読売新聞)


 この読売新聞の社説には拍手喝采を送りたい!
 これこそが、日本の新聞社です!

 今回の読売社説を支持する方は
 クリック御願いします!

 協力可能な方は、こちらも御願いします!
 
2007/06/28 23:32|慰安婦問題TB:1CM:4

米・中の下僕「加藤紘一」 

 国際社会においては、間違いを間違いのままに放置しておけば真実になってしまいますから、平沼さんのように「それは違う!」と言えるのが政治家というものでしょう。
 
jiji 平沼元経産相ら、米慰安婦決議を声明で批判=加藤元幹事長は悪影響を懸念

 米下院外交委員会で従軍慰安婦問題に関する対日謝罪要求決議案が可決されたことを受け平沼赳夫元経済産業相(無所属)は27日、衆院議員会館で記者会見し、「事実に基づかない決議は、日米両国に重大な亀裂を生じさせる。憂慮をもって受け止める」とする声明文を発表した。会見には自民党の島村宜伸元農水相、民主党の松原仁衆院議員らも同席した。 平沼、島村両氏らは、従軍慰安婦の強制性を否定する米ワシントン・ポスト紙への全面広告の賛同者として名前を連ねていた
 一方、自民党の加藤紘一元幹事長は取材に対し「心配だ。意見広告を出したから、米国は激しい反応を示した」と指摘するとともに、「安倍政権の歴史認識だと反米になってしまう。日米関係に深刻な影響を及ぼすかもしれないことに気付いていない」と述べ、今後の日米関係に懸念を示した。


 一方、加藤紘一氏は「例え間違っていようとも米国様に逆らってはいけない」という主張らしい。

 中共様の妄言(靖国参拝批判等)に対しても「中共様に逆らってはいけない」という主張をしていますが、これらは「下僕の論理」です。

 国会議員なのですから本来は「日本の公僕」であるはずなのに、
中共・米国の下僕」と化しています。

 この男を12回も当選させた山形3区の方々は、恥ずかしくないのでしょうか?

 加藤紘一の発言に呆れた方は
 クリック御願いします!

 協力可能な方は、こちらも御願いします!
 
2007/06/28 13:16|慰安婦問題TB:2CM:4

右翼・左翼、ウヨ・サヨ、保守・革新 

 右翼左翼ウヨサヨ保守革新等々対比する言葉が氾濫していますが、これらは明確に定義されていませんので使用する人によって様々な解釈がなされているようです。

 例えば右翼左翼の元々の定義は、フランス革命時代の議会において議長の右側の席を保守派左側の席を急進派が占めたことに由来するようですが、この保守派と急進(革新)派の定義というのが極めて曖昧だと思います。

 何故かというと現在の日本に当てはめた場合、自・公連立与党(現政権体制)を守ろうとする勢力が保守派とみなされる可能性があるわけです。

 天皇陛下を規範として頂き、日本の伝統文化を守ろうとする自称保守の私としては、極めて遺憾なのですけどね。

 ヨーロッパ諸国や支那に急進(革新)派と呼ばれる共産党勢力が誕生した理由は、国王や皇帝によるあまりにも酷すぎる搾取と黒人・ユダヤ人・少数民族を人間扱いしない残忍な統治ですよね?

 そもそもこれらの現象は、日本には当てはまらないと思うのですよ。

 切腹という他民族には有り得ない行為が示しているように、天皇と殿(大名)を頂いた武士は、他人よりも自分自身により厳しかったわけですから

 中世・近代のヨーロッパや支那には、その地域の農民を含めた皆殺しという概念があったようですが、日本には武士同士の斬り合いしかなかったと思います。
 理由は、もしも私が武士や軍人だと仮定した場合、非戦闘員を殺す可能性は皆無ですから。(あなたはどうですか?)

 東欧・ソ連・支那・朝鮮などは共産主義革命が起こりましたが、この日本では日本共産党は衰退するばかりです。

 なぜかというと日本には日本共産党が主張するような搾取する統治者も、搾取される人民もいないからですよ。
 つまり日本共産党は、場違いなところ場違いな思想を持ち込んだわけです。

 我々日本人共産党員に騙されるほど馬鹿ではない!
 と思っていたのですが、最近の政治ブログランキング内には確信的な共産主義者に交じって騙されていると思える人が出てきましたのでこれを書いてみました。

 思いつくままに書いたので、まとまりがないかも知れませんが
 これを読んで何かを感じてくれた方は
 クリック御願いします!

 協力可能な方は、こちらも御願いします!
 
2007/06/26 23:30|参議院選TB:1CM:3

ヒル次官補訪朝を批判 

 ブッシュを叩くネタなら何でも良いのかも知れませんが、ワシントンポストもたまにはまともな記事を書くようです。

 YOMIURI 「一方的な譲歩はやめるべき」米紙、ヒル次官補訪朝を批判

 【ワシントン=大塚隆一】米紙ワシントン・ポストは24日付の社説で、クリストファー・ヒル国務次官補の訪朝で対話路線に転じた米国の北朝鮮政策について、「一方的な譲歩はもうやめるべきだ」と批判した。
 社説は、ブッシュ政権の対応について、核放棄に向けた措置で合意した2月の6か国協議後、「北朝鮮に一連の譲歩を重ねてきたが、金正日政権はこれまで何もしていない」と指摘。北朝鮮が履行の用意を表明したとされる寧辺(ヨンビョン)の核施設の停止・封印や廃棄についても「金正日総書記は事態を打開したい米国の焦りに巧みにつけ込んでいるように見える」として楽観論を戒めた。
(2007年6月25日11時7分 読売新聞)


 予想はしていましたが、拉致問題の解決に関しては、やはりアメリカ(ブッシュ)は頼りになりませんでしたので、日本独自の制裁を強化しなければならないでしょう。

 具体的には朝鮮総連の解体そして、日本に巣喰うパチンコ業界及びサラ金業界と北朝鮮との関係(金の流れ)解明・追求です。

 しかし、このHPによると、自民・公明・民主には全く期待できそうにありません。

 いままでタブーとされていた闇(朝鮮)の利権に鉄槌を下せるのは、維新政党・新風以外は無いのではないでしょうか。

 拉致被害者の早期救出を願う方は
 クリック御願いします!

 協力可能な方は、こちらも御願いします!
 
2007/06/25 22:47|維新政党・新風TB:0CM:3

あなたが支持する政党は? 

 私は、TVや新聞が報道する世論調査というものを全く信じていません。
 だから「リアヨロ」という世論調査専用HPに、自分で調査ページを作りましたので、投票を御願いします。


ネット世論調査あなたが支持する政党は?
 7月29日に実施される参議院選挙の比例区には、どの政党に投票する予定ですか?


自民党
民主党
公明党
共産党
社民党
国民新党
新党日本
新風




 クリック御願いします!

 
2007/06/24 20:01|参議院選TB:0CM:1

沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭は痴呆? 

 しんぶんアカヒの論調は相も変わらず強引ですね。
 タイトルと内容が違うでしょ?
 集団自決なんか命じて無いじゃない。
 これ(朝日新聞)しか読んでいなかったら、判断力が無くなって頭が悪くなりますよ。

 skahi 62年前に見た集団自決の現場 「軍曹が命じた」

 沖縄戦の戦没者ら約24万人の名を刻んだ「平和の礎(いしじ)」。糸満市摩文仁(まぶに)に立ち並ぶ碑の前で23日朝、元中学校教諭の吉川嘉勝さん(68)は妻の英子さん(68)と一緒に静かに手を合わせた。礎には米軍の艦砲射撃で亡くなった父の名がある。
 62年前、吉川さんは「集団自決」の現場にいた。
 那覇市の西約30キロにある渡嘉敷島。周囲25キロの島に米軍が上陸したのは45年3月27日のことだ。住民らは土砂降りの雨の中、島北部の通称「北山」を目指した。吉川さんと家族もその中にいた。当時6歳だった。
 「集団自決」が起きたのは翌28日。たどり着いた山中で家族や親類ごとに円陣を組んで座った。村長の短い訓示の後、「天皇陛下万歳」の叫びとともに、あちこちで手投げ弾が爆発した。

 吉川さんの家族ら約10人が輪になった中でも、義兄らが手投げ弾を石に打ち付けた。だが、爆発しない。父は「火を燃やして、投げ入れろ」と指示した。

 母が叫んだ。「手投げ弾を捨てろ」。生きられるだけ生きるべきだと必死に訴えていた、と吉川さんは振り返る。家族はその場を逃れた

 母が教えてくれた「命の重さ」を伝えるため、吉川さんは教師になった。校長を最後に教職を退き、島に戻った今は、地元の子どもや修学旅行生を相手に平和学習の案内役を務める。「自分たちの歴史を知り、戦争のない社会をつくってほしい」と語り続ける。

 その島で、沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭さん(72)は88年、かつて村の兵事主任だった故富山真順さんから、ある証言を聞いている。

 富山さんは45年3月20日、戦隊からの命令で17歳未満の少年と役場職員を役場の庭に集めた。兵器係の軍曹が住民二十数人に手投げ弾を2個ずつ配り、「敵に遭遇したら1発は敵に投げ、捕虜になる恐れのある時は残りの1発で自決せよ」と訓示した、という。
 沖縄ではいま、「集団自決」を巡る教科書検定で「日本軍による強制」が削除されたことに強い反発が起きている。安仁屋さんは言う。「富山さんの話は自決命令の存在を示す重要な証言だ


 村長も命じてはいないようですし、軍曹は住民に対して訓示など出来ませんから、アドバイスをしたのでしょう。

>。家族はその場を逃れた
 と書いてあるように、それぞれの意志で行動したわけですね。

沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭という人は、本当に「富山さんの話は自決命令の存在を示す重要な証言だ」と思っているのですかね?
 名誉教授ってその程度に人がなるものですか?

 朝日新聞沖縄国際大名誉教授の安仁屋政昭に呆れた方は
 クリック御願いします!

 
2007/06/23 20:45|教科書TB:0CM:8

日本の政治は新風次第 

 そろいもそろって野党(民主・共産・社民・国新)日本国民愚弄し続けていますね。
 年金問題の責任の大きさから言えば、労働組合を使って腐敗させた旧社会党(現民主党)が遙かに大きく、社会保険庁を解体すると言っている現在の安倍政権の責任を追求する方が無理があるのでは?

 SANKEI 年金問題を忘れさせる思惑 野党、会期延長を批判

 野党各党は22日、与党が賛成多数で国会会期延長を決めたことについて「参院選日程を延ばし、年金問題を忘れさせたいという発想だ」(鳩山由紀夫民主党幹事長)などと一斉に批判した。

 鳩山氏は記者会見で「国民をばかにしている」と不快感を示す一方で、「延長はむしろ武器で、国会審議を通じて訴えるチャンスが広がったと前向きにとらえるべきだ」と述べた。

 共産党の志位和夫委員長は「党利党略の極みだ。安倍晋三首相はまともな判断能力を失っているのではないか」と強調。「時間がたてば怒りは静まるという思惑で延長したと国民は見抜いている。与党は墓穴を掘った」と警告した。

 社民党の福島瑞穂党首は「首相は何でもできると勘違いしている。延長で年金問題が沈静化すると思っても、そうは問屋がおろさない」と指摘。国民新党の亀井久興幹事長は「首相は国会を従属機関のように思っている。強行採決が繰り返され、今まで経験したことのない異常な国会だ」と批判した。
(2007/06/22 20:31)


 国民を馬鹿にしているのは、逆に民主党の鳩山の方ですね。
>延長はむしろ武器で
 って・・喜んでいいのですか?
 また墓穴を掘りますよ。

共産党の志位和夫委員長が、「日本人的なまともな判断能力」が無いのは以前から知っていますよ。
 その事に関しては、国民は見抜いています

 社民党の福島瑞穂に関しては、語るまでもないでしょう。

 国民新党には失望しました。
 野党が選挙のために反対し続ければ、どのような審議も強行採決となってしまいますね。

 本当にくだらない既存政党ばかりで嫌気がさします。

 今までは、政治に関心が高くても低くても、支持政党を絞れないのは仕方がなかったといえるのでしょう。

 中川昭一さん等右派と呼べる方も一部はいますが、現在の自民党は右派政党と呼ぶには無理がありますから、日本国内唯一の右派政党である新風は、自民党とはひと味もふた味も違うと思います。

 自民党の腐敗に失望して左派に投票していた方も、新風を信じてみませんか

 新風は、英・米・中・朝・露のどこにも屈しない日本人のための政党です!!

 7月29日の参議院選は、新風に投票しようと思う方は
 クリック御願いします!

 
2007/06/22 23:22|参議院選TB:0CM:3

河野談話の撤回を求める! 

 「米下院の下衆が、26日に”いわゆる従軍慰安婦問題”で日本に公式謝罪を求める決議案を採決する」のに先だって、「ネット有志による河野談話の白紙撤回を求める署名運動」が行われています。

 ご存じだとは思いますが、いわゆる河野談話というものを簡潔にまとめれば、

 「朝鮮人の売春業者や親による強制に対して、日本政府が謝罪した

 というものですから、冷静に考えるまでもなく極めて不可解なものです。外国人には到底理解できないでしょう。
 この「河野談話」によって我々日本人が受けた損害は莫大なものですし、何よりも先輩方を愚弄された精神的苦痛が癒えることはありません。

 この河野洋平という男による数ある損害の1つには、
 平成13年に、「自分が全責任を取る」と述べて、北朝鮮に50万トンの米支援を決定し、金額にして1200億円もの金を犯罪国家にただでくれてやった
というものもあります。

 更にこの河野洋平という男は、1995年にバンコクで行われた東南アジア諸国連合外相会議に出席の途上、台風の影響で飛行機が台湾に緊急着陸した際には、銭其環中共外相に対して「台北空港で私は一歩も外に出ませんでした」(または「私は台湾の土を踏みませんでした」)と発言し中共様の忠犬ぶりも披露してくれました。

 安倍首相は、いつまで「支那・朝鮮利権しか頭にないような男の談話」を継承し続けるのでしょうか?

 本気で「美しい国」を目指しているのであれば、「河野談話の白紙撤回」をしなければなりません!

 25日月曜日に、今集まっている署名を途中報告として首相官邸に提出するそうです。
「河野談話」の白紙撤回を求める署名サイトはこちらです。



 安倍首相に、本当の日本人の思いを届けましょう!
 諸事情により署名が出来ない方もいらっしゃると思いますが、その場合は友人知人等へ紹介していただきたいと思います。

 日本人の誇りを取り戻す運動へのご協力をお願いいたします。

 賛同してくださる方はついでに
 クリック御願いします!

 呼びかけ人(以下ソースはよーめんさん
瀬戸弘幸:政治ブログ「極右評論」 主宰
よーめん:政治ブログ「この国は少し変だ!よーめんのブログ」 主宰


 賛同者
阿羅健一:近代史研究家
有門大輔:政治ブログ「侍蟻」主宰
鵤 卓徳:「日本再生ネットワーク」代表
伊藤純子:伊勢崎市議会議員
栗原宏文:「日本メディアリテラシー研究会」代表、元愛媛大教授
古賀俊昭:東京都議会議員
酒井信彦:「日本ナショナリズム研究所」代表、元東大史料編纂所教授
桜井 誠:「在日特権を許さない市民の会」会長/「東亜細亜問題研究会」代表
土屋敬之:東京都議会議員
中嶋文雄:「静岡レスコハウス(株)」代表取締役社長
西村幸祐:ジャーナリスト
沼山光洋:「靖國会」事務局長
野村旗守:ジャーナリスト
博  士:政治ブログ「博士の独り言」 主宰
やじざむらい:政治ブログ「やじざむらい的日々雑感」筆者

 協賛ブロガー(五十音順)
石根せいいちろう:ブログ「きち@石根」筆者
小楠:政治ブログ「反日ワクチン」筆者
かついち:ブログ「新・平成徒然草」筆者
くっくり:政治ブログ「ぼやきくっくり」筆者
けんぶつ:ブログ「流れものの独り言」筆者
護国民:「若者から日本を変える会」代表
ゴーリキー:政治ブログ「熱湯欲ゴーリキーのお部屋」筆者
自由主義史観研究会北米支部:ブログ「Anti Japan Media Examiner」運営
練馬のんべ:ブログ「家族がいちばん」筆者
はじのん:ブログ「はじのん’ずBar」筆者
ハーグ竹島:ブログ「一、愛国者として~いつも心に公を~」筆者
柳生すばる:政治ブログ「Empire of the Sun太陽の帝国 」筆者
安原美吾:政治ブログ「Independence JAPAN」筆者
浪人:ブログ「或る浪人の手記」筆者
路傍乃赤猫:ブログ「あかねこんぜう」筆者
Buster21:掲示板「もう一つの危機管理」管理人
himazin:政治ブログ「暇人凸撃隊」筆者
hinomaru:政治ブログ「日の丸君の日記」筆者
huhuhu:ブログ「どっこい、それでも生きている」筆者
isharejp:政治ブログ「憂国、喝!」筆者
izanamin:ブログ「エイッ?! かんしゃく爆発中」筆者
KAZU:ブログ「KAZUKAZU」筆者
kazu4502:政治ブログ「訳わからん このシャバは」筆者
KENTARO:ニュースサイト「KNN」編集者
myuuta:ブログ「The planet earth」筆者
MZK:ブログ「どきゃんなひとりごと」筆者
nagamasa69:政治ブログ「白雲」筆者
nihondanji:ブログ「nihondanji 2.0」筆者
overdope:ブログ「O V E R D O P E」筆者
Ponko:政治ブログ「反日勢力を斬る」筆者
sarah:ブログ「ドキドキしっぱなしだぞwww」筆者
shirasetai:ブログ「国民に知らせ隊」筆者
spiral:政治ブログ「新・へっぽこ時事放談」筆者
Takashi:政治ブログ「沖縄県民斯ク戦ヘリ」筆者
tono:政治ブログ「切捨御免!トノゴジラの放言・暴言」筆者
vif893:政治ブログ「オレヨロン【超個人的世論】」筆者
yuga:政治ブログ「電波Blog+(ぷらす)」筆者

更に追加
東アジア黙示録
東洋の魔笛
閣下の憂鬱


 
2007/06/21 12:32|慰安婦問題TB:5CM:12

左翼「日弁連・日教組」 

 国家を真っ直ぐに正しく発展させるためには、真っ直ぐな教育が不可欠です。
 しかし現在の日本は、左に傾きすぎて倒れんばかりの有様ですから、真っ直ぐに立て直さなければなりません。

 それなのに、左に引きずり倒そうとしている組織がいます。

 akahi 日弁連、日教組などが声明 教育関連3法

 日本弁護士連合会は教育関連3法の成立について20日、「国の教育内容統制を進行させることになるおそれが極めて高い」「教育現場での思想信条の自由、教育を受ける権利が侵害されることのないよう強く求める」という声明を出した。

 全日本教職員組合(全教)は「国家による教育支配を強めようとするもの」と抗議。日本教職員組合(日教組)も19日の委員会採決について「与党が数の力で強行採決したことに断固抗議する」との声明を発表した。


 国が教育内容の統制をしなければ誰が統制するのだ?
 左翼日弁連か?左翼全教か?左翼日教組か?

 それとも、現場の教師教員狂員が思い思いの自由な教育をするのかな?
 
 冗談ではない、当たりはずれが激しすぎる!

 ご存じでしょうが、日弁連・全教は共産党系で、日教組は旧社会党(現民主党)系の反日本人左翼組織です。

 弁護士といえば最近有名なのは、山口県光市母子殺人事件について死刑廃止のために集まった21人の人権派弁護士達です。

 「弥生さん(当時23歳)を強姦目的で襲い、抵抗されたため首を絞め殺害。泣き続けていた長女夕夏ちゃん(同11カ月)を床にたたきつけたうえ絞殺した。

 という事実を強引にねじ曲げて

 弥生さんについては、「騒がれたため口をふさいだら誤って首を押さえ続け窒息死させた。
 夕夏ちゃんについては、「泣きやまないので首にひもをまいて、蝶々(ちょうちょう)結びにしたら、死んでしまった
などと傷害致死罪を主張。
 強姦目的についても「被害者に中学1年の時に自殺した母親を重ね、甘える思いで抱きついた
などと否定し、
死姦は生を吹き込むために精子を注入する儀式だった。」
という常軌を逸した主張を展開しています。

 これらは弁護ではなく捏造です!

 不的確弁護士が所属する弁護士会に懲戒請求を出来るようですが、無駄でしょう。同じ弁護士ですからね。

 教員も弁護士も自由は許されない責任ある職業なのだから、不適格者は排除する法が必要だ!
 と思う方は
 クリック御願いします! 
2007/06/20 20:39|反日TB:2CM:5

慰安婦決議案採決か? 

 米下院の下衆が、26日に”いわゆる従軍慰安婦問題”で日本に公式謝罪を求める決議案を採決するようです。

 yomiuri 米下院、26日に慰安婦決議案採決…賛成多数で採択見通し

 【ワシントン=五十嵐文】米下院のトム・ラントス外交委員長(民主党)は18日、本紙の取材に対し、旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題で日本に公式謝罪を求める決議案を、26日に同委員会で採決すると明らかにした。

 決議案への支持は与野党に広がっており、賛成多数で採択されるのは確実な情勢。今後は下院本会議でも採択されるかどうかが焦点となる。

 決議案は1月にマイケル・ホンダ議員(民主党)が提出し、当時6人だった共同提案者は18日時点で、140人に上っている。当初は早期採決を目指していたが、安倍首相の4月の初訪米を受けて延期していた。

 日本政府は、決議案は事実に基づいていないとして反対する一方、首相が訪米時にペロシ下院議長やラントス委員長らと会談して元慰安婦へのおわびを表明するなどして沈静化を図ったが、議会の動きは止まらなかった。
(2007年6月19日12時9分 読売新聞)


 日本でもアメリカでも民主党は下衆の集まりですね。

 まあ、今回は言葉が通じない下衆共はスルーしますが、責任の一端は安倍首相が「紅の傭兵こと河野洋平」が吐いたいわゆる河野談話を否定しないどころかおわびを表明してしまったことにあると言えるでしょう。

 外交というモノは戦いなのですから、相手(安倍政権)の弱いところを突くのが常套手段です。
 政府が弱腰を見せれば諸外国(特に中共・朝鮮)は、そこにつけ込んでくるのです。

 そして日本の既存政党は、公明党・民主党・共産党・社民党etc・・下衆と共に日本を貶めるようなカスばかりです。

 もうお解りでしょうが日本の誇りと尊厳を取り戻す為には、参議院選で新風が議席を確保する他に方法がありません!

 維新政党・新風
こそが日本を代表する政党となるべき!と思う方は
 クリック御願いします! 
2007/06/19 21:25|参議院選TB:2CM:6

めざめよ日本! 

 

共に応援しましょう! 

南京の真実

 

国旗セット(ご家庭に一本) 

 

「しんぶん朝日」は購読しません! 

 

「立ち上がれ日本!」草の根ネットワークを 

 

リンク 

 

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 

 

皇位の正統性について 

 

女性天皇は皇室廃絶 

 

Powered by FC2ブログ. Copyright(C) 2007 子供達の未来 All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。